新鋭作家のデビュー作が発売1カ月で3版決定!


こんなに苦しいのに、生きる意味ってなんだろう――。
安楽死が合法化された2035年の日本を舞台に、生きる意味を見つめ直す物語『レゾンデートルの祈り』(著者・楪一志/発行・ドワンゴ/発売・KADOKAWA)。新人作家のデビュー作ながら6月25日(金)の発売から早くも三度目の重版が決定しました。




TikTokでも大反響



本作は発売してすぐにSNSなどで注目され、特にフォロワー22万人超(7月29日現在)の人気TikTokクリエイター「けんご」さんからも「これは本当に現代社会に必要な作品だと思います」と投稿動画で絶賛されました。6月29日(火)に投稿されたこの動画はすでに80万回以上再生されています。
【動画URL】
https://www.tiktok.com/@kengo_book/video/6979161323322002689?sender_device=pc&sender_web_id=6942398754809710082&is_from_webapp=v1&is_copy_url=0

TikTokでの大反響を受け、全国の書店・ネット書店では本作の品切れが続出。発売即重版が決まり、勢いは衰えることなく、発売から1カ月を待たずして三度目の重版が決定しました。


著者・楪一志(ゆずりは・いっし)さんからのコメント

私自身、生きる意味も分からないのに、死ぬことを良しとしない世界に苦しんでいました。
『レゾンデートルの祈り』は、私と同じような方々の暗闇に覆われかけた心に、ほんの少しでも光が届きますようにと祈りを込めて紡いだ物語です。
この度の重版はTikTokでとても情熱的に紹介していただいたことや、紹介動画などを機に手に取ってくださった読者の方々、全ては一人一人のご支援あってのことです。
本当に本当に、ありがとうございます。


作品概要



・書名:『レゾンデートルの祈り』
・発行:ドワンゴ/発売:KADOKAWA
・著者:楪 一志(ゆずりは・いっし)
・装画:ふすい
・発売日:6月25日(金)
・定価:1,870円(10%税込)
<あらすじ>
「あなたも、生きたくても生きられないのでしょうか」
2035年、神奈川県・江ノ島の<ラストリゾート>。
この場所で遠野眞白が出会う人は、誰もが「死にたい」と願っている。
安楽死が合法化された日本。人命幇助者<アシスター>の眞白は、死に救いを求める人々と正面から向き合う。暗闇の奥底に微かな「生きたい」があると信じ、希望の光を照らしたい。
もう二度と、あの日の後悔を繰り返さないために。
苦しくても、生きる理由を見つめ直す。新鋭作家が紡ぎだす、切なくも温かい命の物語。


■IIV公式HPで第一章『星空と白い噓』まで80ページ分試し読み公開中!
https://twofive-iiv.jp/works/rezonde-torunoinori/

■各章のあらすじはこちら




プロフィール

■著者:楪 一志(ゆずりは・いっし)
北海道在住。Web小説サイト「カクヨム」掲載作を加筆修正した『レゾンデートルの祈り』にて作家デビュー。

■装画:ふすい
イラストレーター。 『青くて痛くて脆い』(KADOKAWA)等数々の書籍装画を手掛けるほか、児童書/教育事業関連/広告/MVイラスト/CDジャケット等を中心に活動している。


ダ・ヴィンチニュースで本作が取り上げられています!

安楽死が合法化された近未来――死を願う人々と美しきアシスター(人命幇助者)が織りなす生と死を巡る寓話【PR:ドワンゴ】 | ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com/review/800284/a/

ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【7月編】 | ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com/serial/815585/


■ドワンゴ発オリジナルIPブランド「IIV」とは

「IIV(トゥーファイブ)」は、小説・コミック・イラストをはじめ楽曲・動画・バーチャルキャラクターなど、ジャンルを超えた多様なコンテンツを創出し、それらを軸とした作家エージェント・作品プロデュース・企業アライアンスまでをトータルに手掛けるdwango発のオリジナルIPブランド。2021年から紙書籍の刊行を始め、『鬼の御伽』(著者:板倉俊之)、『傷口はきみの姿をしている』(著者:九条時雨)等文芸作品も続々刊行している。

・「IIV」公式サイト: https://twofive-iiv.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ