大学に入学するためには、大学入学前に支払いが必要な、さまざまな費用がかかります。受験にかかる費用や、新生活の準備、通う大学に払う入学金に加え、すべり止め大学へ払う入学金などです。

最新の調査結果※を元に、それぞれに必要となる金額の目安をご紹介します。

※日本政策金融公庫令和2年度「教育費負担の実態調査結果」

大学入学でかかる費用にはどんなものがある?

大学に入学するためにかかる費用は「受験費用」、「入学費用」、「生活準備費用」に区分されます。

これらの費用の平均金額を、令和2年発表の調査結果を元に、ひとつずつ見ていきましょう。

受験費用

受験にかかる費用は、試験を受けるための受験料だけではありません。

4年制大学へ進学した人の、受験にかけた費用の平均は32.5万円です。その内訳は、受験料と交通費、宿泊費などです。

受験料

大学受験をするためには、当然、受験料がかかります。

国公立大学の受験には、全国公立大学の一次試験として、大学入学共通テスト(2教科以下で1.2万円、または3教科以上で1.8万円)を受けます。そして、2次試験は大学ごとに行われ、受験料が1校につき1.7万円かかります。

私立大学の受験料は、大学によって異なりますが、1校につき3~4万円程度です。

1校のみの受験なら、受験料は数万円で済みます。しかし、国立大学は通常2回まで、私立大学は、日程さえ合えば何回でも受験することができます。

そのため、すべり止めを何校受けるかによって、受験料の総額は異なります。

交通費・宿泊費

自宅から受験会場が遠い場合は、受験の際の交通費や宿泊費がかかります。保護者が同伴する場合はその費用もかかりますね。

自宅外通学を希望する子どもの受験ほど、受験の際の交通費や宿泊費が高額になる傾向があります。

逆に、自宅通学を希望する受験生の場合には、さほどかかりません。

入学するための費用

入学するための費用には、入学する大学に払う費用と、すべり止め大学に払う入学金があります。

すべり止め大学に支払う費用のなかで、入学金は返金されないので注意が必要です。

入学する大学に払う入学金など

大学に入学するための費用の平均は45.9万円でした。これは入学金や寄付金の合計額で、入学時に1度だけ支払いが必要になる費用です。

この費用を、合格した大学に指定された期日までに支払わないと、入学する権利はなくなってしまいます。

また、この他、大学1年前期分の授業料や設備費等の支払いが、国立大学で約50万円、私立大学で約70~90万円程度、入学時にはかかってきます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます