お育ちがいい?周りと違うことをアピールして

恋愛のハウツー本によく「モテるのは、お育ちがいい女性」と書いてあります。しかし、お育ちがいいことを気にする男性や女性は現在あまり見かけない気がします。

お育ちがいい女性とは、言い換えれば「周りと違う上品さ」を持っている女性のことでしょう。周りとは違う、魅力的な存在であることをアプローチすれば、男性も追いかけてくれるはずです。

ワンランク違う女性に!魅力的に見える女性の行動6選

デートがスマート

「前の彼女は僕が仕切る形でデートをしていました。だんだんそれが億劫になって破局。

今の彼女は初デートのときから“実は行きたいお店を予約してきた”と、スマートな印象。自分から率先して映画などの予約も取ってくれて、僕もラフにデートを楽しめます」(男性Yさん/31歳)

デートでどこに行こうかな?何しようかな?と男性でもあれこれ考えたり、悩みます。せっかくのデートですから、人任せにせずより充実した時間を一緒に楽しみたいですよね。

その日の気分で行きたいところを一緒に決めるのもアリですが、彼氏にデートプランをお任せすることが多い女性の場合は、時には女性側があれこれ決めて予約するなど、前もって計画的にプランを練ったデートというのも新鮮で、男性も喜ぶでしょう。

時間の潰し方がうまい

「彼女との初デートは、ドライブデート。帰りに渋滞に巻き込まれたのですが“より長く一緒にいれる”と楽しそうにしてくれてたのが印象的でした」(男性Aさん/41歳)

ドライブデートで渋滞にぶつかると、運転している人は辛いものがありますよね。その時に隣でネガティブなことを言わず、むしろ楽しそうだと運転する側もホッとできます。

また電車が遅延している際も、イライラせず、たとえば読書に没頭したり、キャリアアップのための勉強を始めるなど、気持ちの切り替えが上手にできる女性は、傍からみても素敵にうつります。

服装が整っている

「初デートは一緒に時間を過ごせるので、ついルンルンになるもの。会えた喜びで彼女をまじまじと見てしまうのですが、その際に靴が汚れていたり、ダボっとした服装は“だらしない印象”を受けます。

まだあまり気心知れていない相手だからこそ、僕とは“合わないのかも?”と悩みます」(男性Dさん/30歳)

恋愛は中身が大事といえど、あまりに服装に清潔感がないのは相手に失礼なもの。この男性のように、初デートのときは男性も女性のことを案外よく見ているものです。

初めて会うときは、服の裾は伸びていないか、靴が汚れていないか等々、よく確認したほうがいいでしょう。また良くも悪くも頑張りすぎない無難なファッションが良いかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます