「最近ついてないな…」と感じたり、または何をやっても空回りしがちなときは、気が滅入ってしまうもの。

運気がダウンしているときは何をやっても上手くいかなくなるので、運気アップできる風水、ジンクスや開運行動を取り入れて運気をアップさせましょう。

本記事では、誰でも気軽に試せる運気アップ方法についてご紹介します。「最近ついてない」と感じている方はぜひ試してみてくださいね!

簡単に運気アップ!ついてない時に試してほしい開運術15選

1.玄関のたたきを磨く

風水では、運気は家の玄関からくるとされています。何をやっても上手くいかないのであれば、もしかしたら玄関の気が澱んでいる可能性大。

そんな時は、塩水の入ったバケツで雑巾を固く絞り、玄関のたたきを拭くことで悪い気を浄化し、いい運気を呼び込めるようになります。

2.備長炭をトイレやシューズクローゼットに置く

備長炭は風水において悪い気を浄化するとされています。

陰の気がこもりやすいトイレや、気の入り口であり、また湿気のこもりやすいシューズクローゼットに備長炭を置くと、悪い気を吸収していい気が入りやすくなります。

ついてないと感じる日が続く場合は、備長炭の力を借りて悪い気をシャットアウトさせましょう。

3.バスソルトを入れて入浴する

塩にはスピリチュアルにおいて悪い気を浄化させる作用があると言われています。

何をやっても上手くいかない、空回りが続くのであれば、浴槽にバスソルトを入れてゆっくりお湯につかってみてください。バスソルトが体内に溜まった邪気を浄化し、いい気が入りやすくなるはず。

4.黒、グレーなど暗いカラーのアイテムを処分する

黒、グレーなど暗い色のアイテムは、気の停滞を招きます。

黒い下着、黒くて古いポーチ、古くなったグレーの洋服など、暗い色の古いアイテムがあれば処分し、パステルカラーなど持っていて気分が明るくなるようなアイテムを意識的に増やしてみてください。

暗い色のアイテムを処分し、明るい色のアイテムを身に着けることで気分も明るくなり、運気も徐々に上昇していくことでしょう。

5.白いユリの花を玄関や部屋に飾る

白いユリは、風水では悪い気を浄化するとされている花です。

自分は悪くないのにトラブルに巻き込まれる、何をやっても上手くいかないなど運気が低下していると感じる場合は、玄関や部屋に白いユリを飾りましょう。悪い気をユリが吸収して、少しずつ良い運気が入ってくるようになるはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます