全8色のカラフルな肉まんが揃っている/TOKYO PAO
フォトギャラリー【全ての写真】必食!「TOKYO PAO」カラフル豚まんの画像
  • pink PAO ピンク(ルーロー饅)・国産三元豚をスパイスで煮込んだ一品/TOKYO PAO
  • green PAO(油淋鶏饅)・大山鶏で作った、ちょいピリ辛の鶏肉饅/TOKYO PAO
  • yellow PAO(カレー饅)・牛肉を使ったキーマカレー饅/TOKYO PAO
  • white PAO(豚饅)・粗く切ったひき肉が特徴的な豚饅/TOKYO PAO
  • black PAO(花椒饅)・山椒がきいた肉饅。ピリ辛好きにおすすめ/TOKYO PAO

「東京肉まん戦争」勃発!専門店が立て続けにオープン

年も押し迫ったこの時期、都内で“戦争”が勃発したのをご存知だろうか。テレビも新聞も大手メディアは、なぜがこの真実を隠し続けている。

我らがウレぴあ総研だけは真実を伝えるべく、特派員(私です)を“戦場”に送り込んだ。

現場は熱気と熱風でもうもうとしていた。11月25日、恵比寿にオープンした「東京豚饅」の厨房は、まさに“戦場”だった。狭い厨房でスタッフ3人が一刻を争うかのように、黙々と豚まんを作っていた。

すると、その9日後の12月4日、「TOKYO PAO」という肉まん屋が有楽町に暖簾を掲げた。

肉まんは冬の季語。とはいえ、まさかほぼ同時期に肉まん屋が都内に2軒もできるとは……。

この冬、コンビニ各社も肉まんの新作をリリース。それに追い打ちをかけるように、肉まん専門店が都内に2軒も名乗りをあげたのだ。私はこれを「東京肉まんの乱」、「東京肉まん戦争」と呼びたい。ドンドン!(机を叩く音)

手のひらサイズ&全8色の「TOKYO PAO」の肉まん

「東京豚饅」の豚まんはきわめてオーソドックス。一方、「TOKYO PAO」の肉まんは直径6センチの、手のひらサイズ。

イエローやピンクやオレンジ色など、野菜や天然着色料で華やかに色付けした、全8色のカラフルな肉まん(1個すべて234円、税込)を売り物にしている。しかも8色すべて餡の味が異なるというのだ。

なぜこのようなユニークな肉まんを作ったのか。関係者によれば、「女性にも喜んでもらえる肉まんにしたかった」そうだ。

「軽めのランチやおやつに楽しんでもらえる、小さくても食べごたえのある肉まんを作ろうと思った」と話してくれた。1年以上試行錯誤を繰り返し、何度も女性に試食してもらい開発したという。

セイロで蒸した肉まんを販売している/TOKYO PAO

私もプレオープン時に食べさせてもらったが、私はターゲットではない。そこで女性の友人と、その妹とお母さんの3人に全8種類の肉まんを食べてもらい、感想を聞くことにした。

「TOKYO PAO」全8種の肉まんを食べ比べ!

white PAO(豚まん)

white PAO(豚まん)・粗く切ったひき肉が特徴的な豚まん/TOKYO PAO

いわゆる豚まんだが、肉の粒粒感を出すため、肉を大きめにカット。コショウがきいていて、姉妹も母も気に入ってくれたようだ。

とくにお母さんは、「皮もおいしい」と高評価。

black PAO(花椒まん

black PAO(花椒まん)・山椒がきいた肉まん。ピリ辛好きにおすすめ/TOKYO PAO

花椒を使った餡を、竹炭を用いた黒い皮で包んだ。「舌がしびれるぐらい花椒がきいていて、私も母も苦手かも」とは友人の弁。

片や、辛いもの好きな妹は、花椒のピリ辛加減がお気に召したようだ。家族といえども好みがわかれた。

「うまい肉」更新情報が受け取れます