2022年6月13日(月)~7月14日(木) アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」2階 ももてなし家

 “食のみやこ鳥取県”は、一年をとおして魚介や果物お米など美味しい食材の宝庫。その中でも初夏の訪れを告げるのが、鳥取県の雄大な自然が育むスイカです。5月末から全国にも出荷されている、ブランドスイカ「大栄西瓜」をはじめとして、全国4位の生産量を誇る鳥取県のスイカを贅沢に使用したスイカのスイーツフェアが東京新橋のアンテナショップにて開催されます。




■鳥取の自然のめぐみ、ブランドスイカを贅沢づかい!限定スイーツを召しあがれ
 
県内でも有数のスイカの産地北栄町(旧大栄町)で栽培される大玉の「大栄西瓜」は、地理的表示保護制度(GI認定)に登録されており、形状、品質にばらつきの少ない安定した品質のスイカとして評価されているブランドスイカです。
 大栄西瓜や倉吉すいかなどの、県内人気ブランドスイカをこれでもか!と使用して、その味わいを堪能できる、スイカスイーツを期間限定で提供いたします。例年、スイカを楽しみに来店される方もいらっしゃるほど人気の果物です。今が旬の限定スイーツを、是非この機会にお召し上がりください。

左)すいかのズコット 1,500円
スイカを模したケーキ。サイダーゼリーを添えて見た目も涼し気に。

中)すいかの塩アイス 850円
濃厚なスイカの風味を感じるアイスクリーム。ほのかな塩味がアクセント。

右)すいかパフェ 1,500円
ひんやり冷凍させたスイカを贅沢に150~200gも使用。

その他、カットすいか(750円)もご提供。全て数量限定です。
価格は全て税込みです。

■フェア概要


【鳥取すいか スイーツフェア 】
開催期間 :2022年6月13日(月)~7月14日(木)
開催場所 :鳥取県アンテナショップ2階ビストロ・カフェ【ももてなし家】
内容   :鳥取県産のスイカを使用したスイーツを提供
住所   :東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス
電話番号 :1階ショップ 03-6280-6474/2階ビストロ・カフェ「ももてなし家」 03-6280-6475
営業時間 :1階 10:00~21:00/2階 11:00~22:00(L.O. 21:00)
公式HP  :https://www.torioka.com/

ビストロカフェ ももてなし家 店長 木津真之介
毎年この時期はスイカフェアを実施しており、スイカスイーツを目当てに多くのお客様がいらっしゃいます。 今年は、果汁から手間暇かけてつくった塩アイスや、味はもちろん見た目にもこだわったスイカのズコット、 ゼリーやアイスなどさまざまな味が楽しめるパフェをご用意。 スイカのおいしさを余すことなく味わっていただけます。

鳥取県東京本部 主幹 河上一雄
生産量全国4位を誇る鳥取県のスイカは、大山山麓の豊かな土壌で育ち、大玉で甘みたっぷりです。 今年は、好天に恵まれ、昼夜の寒暖差もあることで、糖度が高く、大きさも平年並みに仕上がっています。 そのまま食べるのはもちろん、スイカを使った一風変わったメニューを楽しんで、 ジメジメした蒸し暑い日が続く初夏を乗り切って欲しいです。

■さらに、鳥取自慢のスイカをお持ち帰りも!
 期間中、アンテナショップ1階ショップでも、鳥取自慢のブランドスイカが店頭に並びます。この機会に様々なブランドスイカに触れてみてはいかがでしょうか。

鳥取には美味しいスイカの品種がこんなに! ※店頭での取り扱いはその日の入荷状況によって異なります。

「大栄西瓜」(北栄町)


GI認定されているブランドスイカ。県内での人気ブランドで、形状、品質にばらつきの少ない上質スイカ。
2L:4,880円、3L:5,280円、4L:5,980円

「がぶりこ」(琴浦町)


黒い皮が特徴。種がとても少なく、ほとんどないためガブリガブリと食べられます。
1玉 :6,280円

「倉吉すいか」(倉吉市)


大玉で歯ざわりが良くシャリ感が特徴的。平均糖度12度以上の高糖度で内側と外側の糖度差が少ないため皮際までおいしく味わうことが出来ます。2L:4,780円、3L:4,980円

「極実」(ごくみ)(倉吉市)


一般的にかんぴょうなどに接ぎ木をして育てますが、極実は、スイカの台木に接ぎ木をして、スイカ本来の味と食感を極めています。
3L:5,880円

※それぞれカットスイカもご用意しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ