「Human Connection」をミッションに掲げる統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームを提供するBraze株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菊地 真之、以下「Braze」)は、2022年7月12日、Brazeが主催するグローバルイベント「FORGE Japan 2022」( https://ter.li/zgywfv )を日本で初開催します。イベントアプリから消費者購入に結びつくリアルタイムマーケティングの体験イベントを含む、当日会場で実施予定のイベント最新情報についてご案内します。



最新のプログラム内容として、オープニングセッションでは、特別ゲストに株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役社長、日本オムニチャネル協会会長 鈴木 康弘氏を迎え、スペシャルセッションでは、マーケティングアナリスト/芝浦工業大学教授 原田 曜平氏の登壇が決定いたしました。鈴木氏にはリテール業界におけるエンゲージメントの重要性、デジタル時代のDX推進について、原田氏には新世代マーケティング:マーケターが持つべき発想、売れるための秘訣をお話しいただきます。

さらに、「企業に変革を促すテクノロジーとクリエイティビティ」をテーマに、株式会社 BK Japan Holdings、 株式会社アイスタイルのビジネスリーダーによるパネルディスカッションやサンドラッグ株式会社による事例セッションを行います。

FORGE Japan 2022( https://ter.li/zgywfv )のイベント会場で、「リアルタイムマーケティング」を体験いただくためのイベントアプリをリリースしましたので合わせてご案内します。(アプリのインストール方法については下記にてお知らせします)





最新プログラム情報のご案内








イベントアプリのダウンロード方法


アプリダウンロードは下記より可能です。ダウンロードしてお楽しみください。
▶︎iPhoneをお使いの方 ( https://apps.apple.com/jp/app/brazejapanevent/id1606586929 )
▶︎Androidをお使いの方 ( https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.braze.braze_japan_event )








FORGE Japan 2022 概要 (公式サイト : https://ter.li/zgywfv )


テーマ : カスタマーエンゲージメントの最先端を体験する
開催日時 : 2022年7月12日(火曜日) 10:00-18:30 (予定)
開催場所 : 東京ポートシティ竹芝 ポートホール
住所 : 〒105-7501 東京都港区海岸1丁目7−1 東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー1階
アクセス:https://www.portcity-hall.tokyo/access/ 〈浜松町駅(JR山手線・京浜東北線・東京モノレール)徒歩4分、竹芝駅(ゆりかもめ)西口 徒歩2分、大門駅(都営地下鉄浅草線・大江戸線)B1・B2出口 徒歩5分〉
参加費 : 参加無償
申込方法 : https://ter.li/zgywfv (事前登録制)


FORGE Japan 2022事前登録者は、オンデマンドシャトルサービス「スマートシャトル(R)︎」の予約を行うことができます。皆様のお越しをお待ちしております。



Brazeについて
日本語:https://www.braze.co.jp/
英 語:https://www.braze.com/
Braze[Nasdaq: BRZE] は、消費者とブランドとの間のインタラクションを強化する、包括的なカスタマーエンゲージメントプラットフォームのリーディングカンパニーです。2011年に米国ニューヨークで創立、2020年11月に日本でのビジネスを開始しました。
統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Braze」は、リテール&Eコマース、ファーストフード、メディア、エンターティメント、消費財業界の世界のトップブランド1,300社以上に採用されています。グローバルブランドは、Brazeを利用することで、顧客データをリアルタイムに取り込み、処理し、文脈に応じて適切なクロスチャネルのマーケティングキャンペーンを組み立て、最適化し、顧客エンゲージメント戦略を継続的に進化させることができます。
Brazeは、Fortuneの「2021 Best Workplaces in NY」、「2021 Best Workplace for Millennials」に選ばれたほか、英国と米国で「Great Place to Work」に認定されています。Brazeは、ニューヨークに本社を置き、ベルリン、シカゴ、ロンドン、サンフランシスコ、シンガポール、東京にオフィスを構えています。
最新のお客様事例の紹介:https://www.braze.co.jp/customers

<将来の見通しに関する記述について>
本プレスリリースには、1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に規定される「将来の見通しに関する記述」が含まれている場合があり、これにはBraze社のプラットフォームが提供すると予想される利益に関する記述が含まれますが、これに限定されません。これらの将来予想に関する記述は、Brazeの現時点での仮定、期待および信念に基づいており、Brazeの実際の結果、業績または成果は、将来予想に関する記述によって明示または暗示される将来の結果、業績または成果とは大きく異なる可能性がある、大きなリスク、不確実性、仮定および状況の変化の影響を受けるものであります。Brazeの業績に影響を与える可能性のある要因の詳細については、2022年3月31日に米国証券取引所に提出された2022年1月31日終了年度のBrazeのフォーム10-Kによる年次報告書および米国証券取引所に提出したその他の公開ファイルに記載されています。本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点におけるブレイズの見解に過ぎず、ブレイズは、法律で義務付けられる場合を除き、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を負わず、またその意向もないものとします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます