パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、新開発センサー&新世代エンジン、LUMIX Gシリーズ初の「像面位相差AF」を搭載したミラーレス一眼カメラ LUMIX「DC-G9M2」を2023年10月27日(*)より発売します。

多様な表現手法を用いた創造力溢れる作品づくりや撮影ニーズを受け、本製品は、撮って出しから得られる高解像で美しい描写力とバリエーション豊かな色表現、これまで培ってきた認識技術と像面位相差AFを掛け合わせた新たなAF技術に加え、決定的瞬間を逃さない高速連写モードを搭載することで表現力と高速性能を大幅に向上させました。さらにマイクロフォーサーズ規格ならではの小型・軽量で機動力のあるLUMIX Gシリーズレンズと組み合わせたカメラシステムを活かし、さまざまなフィールドで撮影者をサポートすることで、撮影者の創造力を掻き立て、写真表現の幅を広げるカメラです。

新開発の25.2M Live MOSセンサーと新世代ヴィーナスエンジンを搭載し、高解像で階調豊かな描写を実現します。LUMIX Gシリーズ初の像面位相差AF搭載により、動きの速い被写体にも高速に追従するAF性能を発揮し、高い画質性能とAF性能を両立しました。さらに、ダイナミックに動く被写体も秒間約60コマのAF追従超高速連写やレリーズ前から撮影を開始するSHプリ連写(※1)により、狙った一瞬を逃しません。好評の手ブレ補正システムは、ボディ内手ブレ補正でシャッター速度8段分(※2)、望遠側でもDual I.S. 2により7.5段分(※3)を実現。また、進化した動画手ブレ補正/アクティブ I.S.により、従来では撮影できないようなダイナミックなシーンでの手持ち撮影をより強力にサポートします。LUMIXならではの色表現においては、新搭載のLEICAモノクロームを含む充実のモノクローム表現に加え、任意でオリジナルの色表現が可能なリアルタイムLUTを搭載し、撮影者の写真・動画表現の自由度を広げます。
パナソニックは、写真・動画の垣根を超え、自らの表現を追求するクリエイターに応える新世代のミラーレス一眼カメラとして本製品を提案します。

【品番】DC-G9M2 / DC-G9M2L
【キット名称】ボディ / Lキット(標準ズームレンズ)
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2023年10月27日(*)

【品番】DMW-BG1
【商品名】バッテリーグリップ
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2023年10月27日(*)

*:新型コロナウイルス感染症の影響により、発売の延期や供給が遅れる可能性があります。発売時期は確定次第、パナソニックホームページに掲載いたします。

※1:温度上昇から本機を保護するため、半押ししてもプリ連写が使用できないことがあります。本機の温度が下がるまでお待ちください。
※2:CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60 mm(35 mm判換算 f=120 mm)、H-ES12060使用時。
※3:CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=140 mm(35 mm判換算 f=280 mm)、H-FSA14140使用時。

【お問い合わせ先】
LUMIX・ムービーご相談窓口 フリーダイヤル 0120-878-638
受付:9時~18時 月~土曜日(祝日・正月三が日を除く)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース]ミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-G9M2 発売(2023年9月13日)
https://news.panasonic.com/jp/press/jn230913-1

<関連情報>
・DC-G9M2の動画性能・詳細・仕様について
https://panasonic.jp/dc/products/g_series/g9m2.html

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます