パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、以下パナソニック コネクト)は、2023年11月15日(水)~17日(金)に幕張メッセで開催されたメディア総合イベント「Inter BEE 2023」に出展しました。
 
昨今、メディアエンターテインメント業界は、様々な映像視聴スタイルが浸透し、視聴者の映像に対する期待値も高まっています。そのため放送や配信といった映像を制作する現場では、人手不足や移動、時間の制約といった従来の課題に加え、視聴者に選ばれ続けるための映像の品質や表現方法を絶えずアップデートし続ける必要に迫られています。また、業界を問わず、リアルやオンラインなど、働き方や情報伝達の方法も多様化してきており、スムーズなコミュニケーションを行うための高音質な音響設備へのニーズが生まれています。

パナソニック コネクトは、これらの現場課題を解決するため、2020年9月に提供を開始した映像制作ソリューション「IT/IPプラットフォーム KAIROS」の機能とパフォーマンスを大幅に向上しました。従来モデルより大規模なライブ映像の制作を可能にし、さらに表現の幅が広がった第二世代モデルの“Kairos Core 200”AT-KC200T/“Kairos Core 2000”AT-KC2000Tとして提供を開始しています。2023年12月には、入出力数を減らさずに冗長性を確保した運用が可能になる“Kairos Core 2000”AT-KC2000TS1の提供を予定しており、更なる映像制作へのニーズにお応えします。
そのほかにも、クロマキーを使用することなく人物と素材を合成するVideo Mixerを含んだ、より簡単かつ高品質な撮影を可能とするソフトウェアプラットフォーム「Media Production Suite」や、登場から2023年で15周年を迎えるリモートカメラなど、映像制作ワークフローの業務効率化や新たな映像表現へのお役立ちを提案します。
併せて約80年以上培ってきた音響技術を活用したシーリングアレイマイクロホンや、誰でも簡単に会議室とオンライン会議へ音声を届けるハイフレックスアンプなどの新製品を提供し、リアルとオンライン双方をシームレスに繋ぐことで、円滑なコミュニケーションの実現を提案します。
 
今回、パナソニック コネクトのブースでは、「無限の表現力と業務効率化で新たなステージへ」をテーマに、クリエイターと連携した映像のデモンストレーションや、KAIROS、カメラシステムソリューション、サウンドソリューション、ライティングソリューションなどパナソニック コネクトの誇る無限の表現力や業務効率化を支える最新のソリューションを展示しました。
 
■Inter BEE 2023概要
会場:幕張メッセ
会期:2023年11月15日(水)~11月17日(金)

詳細はこちら
https://news.panasonic.com/jp/topics/205419

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます