子どもたちへの支援のため134冊の書籍が集まりました

平塚信用金庫(理事長 尾上 達也)は、令和5年8月15日(火)~9月15日(金)の期間、こども家庭庁等が主催する古本を活用した寄付活動「こどものみらい古本募金」に参加しました。 令和5年11月15日(水)に集まった134冊の買取り額に加えて信金中央金庫により1冊あたり50円(上限50万円)を加えた金額を追加し寄付を行いました。


本取組みは、役職員及びお客さまから集めた古本を古本販売業者に送付し、買取り額が子どもたちへ支援を行う体の活動を支える基金に寄付される活動です。

期間中は、お客さま・役職員をはじめ多くの方にご協力いただき、134冊の書籍が集まりました。信用金庫業界を通じて集まった本は、買取り額に加えて信金中央金庫により1冊あたり50円(上限50万円)を加えた金額を追加し寄付を行いました。たくさんのご協力ありがとうございました。

【寄付いただいた書籍の一部】




平塚信用金庫は国連の提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の理念に賛同しています。
「地元になくてはならない信用金庫」として、持続可能な社会の実現に努めてまいります。










本件のお問合せ先|平塚信用金庫 営業統括部 地域・経営サポート課 担当 佐竹 TEL0463-24-3031
URL:https://www.shinkin.co.jp/hiratuka/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます