2023年12月3日(日)に19チーム、総勢80人で、総重量61.18kgのゴミ回収

りんくうプレミアム・アウトレット(所在地:大阪府泉佐野市 運営:三菱地所・サイモン株式会社)は、12月3日(日)に、ゴミ拾いを競うスポーツ「スポGOMI大会 in 泉佐野」を泉佐野市と共同で開催し、競技では参加者が総重量61.18kgのゴミを回収しました。


泉佐野市とりんくうプレミアム・アウトレットが共同で「スポGOMI※」を開催したのは今回が初めてです。当日は、泉佐野市長 千代松大耕氏による開会の挨拶のあと、全19チーム、総勢80名の選手による「ゴミ拾いは、スポーツだ!」の掛け声で競技がスタートしました。競技エリアは、りんくうタウン駅を中心とした外周約3.1kmのエリア。大阪湾が見渡せるりんくうプレミアム・アウトレットの外周道や、ホテルが並ぶ駅周辺の歩道などで、制限時間1時間で参加チームがゴミを集めて回りました。


全参加チームによるゴミ回収の総重量は約61.18kgとなりました。優勝チームは、約11.48kgのゴミを回収した、親子3世代で参加のチーム「ちーむたおと」でした。上位チームには、表彰状と、賞品として「プレミアム・アウトレットお買い物券」と、泉佐野市内の加盟店で使える「さのぽポイント」を贈呈。このほか、特別賞として、「泉佐野市政75周年賞」(12位)や「プレミアム・アウトレット賞」(10位)のチームにも賞品を贈呈しました。最後は、りんくうプレミアム・アウトレット支配人 村上尚美による閉会の挨拶で終了しました。
優勝した「ちーむたおと」の選手は、「ゴミ拾いにここまで夢中になれたのは初めて。」とコメント、他チームからも「競技時間の1時間があっという間でした。」、「ゴミ拾いで気持ちもすっきりしました。」などの感想がありました。
今後も、りんくうプレミアム・アウトレットは、地域との連携や環境保全に努め、サステナブルな社会に貢献してまいります。


※スポGOMIとは
スポGOMIは、「スポーツで、街をきれいにする!」を掲げ、ゴミ拾いを競技化した日本発祥のスポーツです。参加者は、定められたエリアで制限時間内にチームでゴミを拾い、ゴミの量と質でポイントを競い合います。楽しみながら社会課題を身近に感じ、子どもから大人まで年齢を問わず参加できる地球に優しいエコスポーツとして世界で親しまれ、累計参加人数はのべ10万人以上にのぼります。

開催概要
名称:スポGOMI大会in泉佐野
開催日時:2023年12月3日(日)9:30~12:00
競技エリア:りんくうタウン駅を中心としたエリア
共催:泉佐野市、りんくうプレミアム・アウトレット
協力:一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ 日本スポGOMI連盟
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

このページが気に入ったら、フォローしてね!!