創業1803年の京菓子「鶴屋吉信」。お子様にもお喜びいただけるカラフルな新年菓を、WEB限定で。

和菓子製造販売の株式会社 鶴屋吉信(つるやよしのぶ)(本社:京都市上京区、代表取締役社長:稲田慎一郎)は、来る令和6年(2024年)のお正月にさきがけ、干支「辰(たつ)」を可愛くデザインした「手づくり最中 干支 辰」を、公式オンラインショップにて期間限定で発売いたしました。



令和6年(2024年)の干支は「辰(たつ)」。辰は竜・龍とも記され、その勇壮なすがたはもちろんのこと、幸運、繁栄、かずかずの縁起とともに親しまれてきた干支のひとつです。そんな辰を親しみやすい絵柄にアレンジし、まんまるな最中種(もなかだね)に彩り豊かにあしらいましたのが、新春を祝う「手づくり最中 干支 辰」でございます。

昨年「うさぎ年」にも発売しご好評をいただきました「手づくり最中」。晴れやかなパッケージ入りで、新年のご挨拶や、お子さまお孫さまへの新春のプレゼントとしても大変おすすめです。

昨年は「小倉あん・6組入」のみの展開だったところ、ご好評につき本年は「小倉あん」「こしあん」をセットにした「12組入」も新登場。ボリュームあるお詰合せは、ご友人へのお歳暮やお手土産にも。

掛紙から缶の巻紙まですべて、幸を呼ぶ辰(たつ)づくし。お日持ちも1年と長く、年末年始のご挨拶や、ご家族そろってのおやつ時間に便利な一品。アレルギー特定原材料等28品目を使用しておりませんので、帰省されたご家族へのおもてなしにもぴったりです。

「手づくり最中 干支 辰」商品情報



販売期間:12月7日(木)~ 12月下旬まで
お届け期間:12月23日(土)~1月上旬まで(一部お届け不可日あり)
お取扱い店舗:公式オンラインショップ限定

価格
最中種6組(12枚入) 1,674円
最中種12組(24枚入) 3,348円

お日保ち:1年 / 特定原材料等28品目:使用なし



▼公式オンラインショップ
6組入
https://shop.tsuruyayoshinobu.jp/products/70000082


12組入
https://shop.tsuruyayoshinobu.jp/products/70000083

※最中種の画像はイメージです。実際の商品とはプリントの色味、色合いに個体差がある場合がございます。

さくっと美味しい「手づくり最中」とは?



吟味した丹波大納言小豆と砂糖をじっくりと炊き上げた、風味自慢の「小倉あん」と、ほんのり柚子風味の「こしあん」の2種のあん。それに、ぱりっ、さくっと香ばしい「最中種(もなかだね)」を缶詰にしてセットにいたしましたのが、鶴屋吉信の「手づくり最中」です。※6組入は「小倉あん」のみ

お召し上がりの前に、ご自分でお好きなだけの「小倉あん」を最中種にはさんで、できたてをお召し上がりいただきますと、風味満点です。




手づくりならではのお楽しみ方として、栗の甘露煮や生クリーム、バニラや抹茶などのアイスクリーム、季節のフルーツのスライスなど・・・「ちょい足し」の食材で、お好みの味わいにアレンジしても美味しくお召し上がりいただけます。

お友達やご家族でお作りいただき、わいわいお楽しみいただけるところも、お正月のお菓子として大変おすすめです。

開運招福、おおらかに空を舞う辰にねがいをこめて。


最中種にあしらった意匠それぞれに、新年の幸福への想いをこめました。

【雲】
雲間に舞い上がる辰のもつ宝珠は、願いを叶える「如意宝珠(にょいほうじゅ)」。新年の開運や無病息災の願いを、おおらかに舞う辰のすがたにこめてお祝いします。

【土鈴】
ころんと可愛い形、カランコロンと優しい音色で愛される郷土玩具。鈴の音は古来より魔除けの力を持つといわれてきました。吉祥の松竹梅をそえて。

【観世水】
天から舞い降り、幸運をもたらす辰のすがたに「観世水」をあわせて。辰は水を司る神として崇められ、鶴屋吉信の代表銘菓「京観世」もその伝説に由来しています。

京菓匠 鶴屋吉信について



1803年(享和3年)京都・西陣で初代鶴屋伊兵衛により創業。220余年の歴史を刻む、京都の老舗京菓子司。「ヨキモノを創る」を家訓とし伝統の技を守りながら、現代の感覚をとりいれた新しい和菓子やカフェを考案。各種コラボレーション企画にも取り組む等、歴史ある京菓子の魅力のすそ野を広げてゆくとともに、和菓子の新たな価値を日々追求しています。

■会社概要
社 名:株式会社鶴屋吉信
代表者:代表取締役社長 稲田慎一郎
所在地:〒602-8434 京都府京都市上京区西船橋町340−1
創 業:享和3年(1803年)

H P:https://www.tsuruyayoshinobu.jp/
X(旧Twitter):https://twitter.com/tsuruya1803
Instagram:https://www.instagram.com/tsuruya.yoshinobu_wagashi/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ