暮らしを豊かにするお役立ち情報メディア「LIVIKA」( https://livika.jp/ )は、世界情勢による電気料金の高騰や大手電力会社の値上げが行われていることを背景に、インターネット調査にて男女200人を対象に電力会社の切り替えに関するアンケートを行いました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、引用元が「LIVIKAによる調査」である旨の記載をお願いいたします。

【調査概要】
調査対象:全国の男女
調査方法:インターネット調査法
調査実施者:LIVIKA編集部(自社調査)
調査期間:2023/11/7~2024/02/15
回答者数:200人

【主な内容】
・59.3%が実際に電力会社の切り替えを検討
・切り替えを検討したきっかけ 一位「電気代」(53.9%)
・ 電力会社を選ぶときに重視したポイント 一位「料金」(67%)
・1週間程度で1~2社の電力会社を比較検討する傾向
■ 59.3%が実際に電力会社の切り替えを検討


電力会社の切り替えの有無について、59.3%の方が「電力会社の切り替えを検討したことがある」と回答しています。
■ 切り替えを検討したきっかけ 一位「電気代」



電力会社の切り替えをしたことがある人のうち、半数以上が電気代の高騰を受けて切り替えを検討していることがわかります。
■電力会社を選ぶときに重視したポイント一位「料金」


切り替え先の電力会社を選ぶときに重視したポイント1位は「料金」2位は「特典(ポイント・割引など)」という結果となりました。

電力の自由化以降、電気の品質は変わらず自由に電力会社を選べるようになったため、ライフスタイルの変化に合わせて電力会社を切り替えることができるようになったことは電力会社の切り替えにおけるメリットと言えるでしょう。
■ 1週間程度で1~2社の電力会社を比較検討する傾向




切り替え先の電力会社選びにかけた期間でもっとも多かったのは1週間以内、約75%の方が1週間以内には検討を終えているという結果となりました。

また、切り替え先の電力会社を比較検討した数は、約7割の方が1~2社と回答しています。

じっくり5社以上かけて検討する方もいる一方で、多くの方は1~2社を1週間程度で比較検討しているようです。
■まとめ
今回は、電気代の高騰を背景に、電力会社の切り替えに関する調査を実施し、電力市場における重要なトレンドと消費者の行動パターンを明らかにしました。

▶電気代の高騰が切り替えの主な要因
電気代の急激な上昇が電力会社の切り替えを促すことがわかりました。

▶切り替え経験者が多い
電力会社の切り替えを経験したことがある人は、約59.3%を占めています。
これは電力会社にとって激しい競争市場を意味し、サービス向上とコスト競争の重要性がより一層高まると考えられます。

▶切り替え先の選定ポイントは「料金」
切り替え先の電力会社を選ぶ際に最も重視されるポイントは「料金」であり、これに続いて「特典(ポイント・割引など)」が挙げられました。
電力会社が選ばれるためには魅力的な料金プランや特典を提供することが不可欠であることを示しています。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、
引用元が「LIVIKAによる調査」である旨の記載をお願いいたします。
■ LOHASTYLEが運営するオウンドメディア「LIVIKA」
LIVIKAは“ 暮らしを豊かにする、快適な情報を "をコンセプトに、暮らしにまつわる情報を分かりやすくまとめているメディアです。
ジャンルは「電気・ガス・インターネット」などのインフラから、引越し時に役立つ「役所・公共の手続き」など多岐にわたって展開しています。

新しい暮らしには、「不安」や「迷い」「知りたいこと」「知るべきこと」がつきもの。
LIVIKAで検索すれば「新生活」にまつわる情報は全て揃う。
そんなメディアを目指し、引越しが「面倒くさいもの」から「わくわくするもの」に変わる情報をお届けしていきます。

https://livika.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ