社会貢献活動を通じ次世代を担う子供達の活動を応援 

管清工業株式会社(本社:東京都世田谷区 代表:長谷川健司 以下、当社)は、2月22日(木)、文部科学省 総合教育政策局地域学習推進課青少年教育室(以下、文科省 総合政策局)が主催する「令和5年度 青少年の体験活動推進企業表彰」において、『文部科学大臣賞』を受賞しましたことをご報告いたします。





2月22日(木) 、文部科学省 総合政策局が主催する「令和5年度 青少年の体験活動推進企業表彰」(※1)の最終プレゼンテーション審査に参加し、厳正なる審査の結果、栄えある『文部科学大臣賞』を受賞いたしました。

昨年度は審査委員会奨励賞受賞しており、これも長年続けてきた活動が認められたと考えております。今後も将来を担う子供達に向けた「下水道の役割」の啓蒙活動を推進してまいります。


受賞内容


・受賞結果     :文部科学大臣賞(中小企業部門)
・体験活動紹介テーマ:楽しく学ぶ!水のじゅんかん
・活動概要     :普段目にすることのない下水道についてクイズや実験、オリジナルのボードゲームを織り交ぜ楽しく学ぶ活動

<最終審査プレゼンテーションの様子>
実際に全国で行っている出前授業を端的にまとめ、下水道管(塩ビ)の輪切りを用いたり、開発したボートゲーム
を活用して誰もがわかりやすく理解できるように説明を行った



管路管理総合研究所について


『全国どこでも だれにでも 無償で 管路管理総合研究所の下水道の出前授業』の活動
当社のCSR部門として2007年に設立。下水道の啓発活動を目的とし、普段目にすることのない下水道についてクイズや実験を交えながら、「わかりやすく楽しい」授業の提供を心掛けています。これまでに、全国1300か所で授業を実施し、受講者は延べ8万5,000人に上ります。
「全国どこでも だれにでも 無償で」を合言葉に15年以上継続してきた活動が認められ、昨年2月には、文部科学省より、社会貢献の一貫として青少年の体験活動に関する優れた実践を行う企業として「令和4年度 青少年の体験活動推進企業表彰」で審査員会奨励賞を受賞しました。

▷管路管理総合研究所:全国どこでも、だれにでも、無償で下水道の出前授業
 https://kanro-soken.com/



表彰式および受賞の詳細について


■文部科学省サイト
 令和5年度「青少年の体験活動推進企業表彰」最終結果について
 https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_01350.html

(※1について)
青少年の体験活動促進企業表彰
企業が自社の強みを活かし、積極的に教育CSR活動に参画することは、次世代を担う子供たちが「社会を生き抜く力」を身に付けることにつながり、また企業の社会的評価の高まりや、新たな社会価値の創造が期待できる。
文部科学省では、青少年の体験活動の推進を図ることを目的として、「青少年の体験活動企業推進企業表彰」を実施し、企業が社会貢献活動の一環として実施した優れた実践を広く紹介する活動のひとつ。


※いーたいけんAWARD・文部科学省バナー・URL表記は、利用規約に基づき使用しています。
※記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願い
 ます。


■管清工業について
1962年設立。以来約60年にわたり、一貫して「管」(パイプ)の維持・管理を行い、半世紀にわたり日本の下水道インフラを支えてまいりました。下水道の管路網を専門的に管理、清掃することが当社の社名=管清工業の由来となっています。下水道点検・調査・清掃の分野で、上下水道施設の基盤維持管理を軸に、KPRO(R)、グランドビーバー、グランドスウィーパーなどの機材を自社で開発、事業展開し、下水道における問題解決を提供しています。管清工業は、“常に上下水道を使用するお客様の目線に立ち、300年継続する企業を目指す”を掲げ、未来へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。


社   名:管清工業株式会社
代  表 者:代表取締役 長谷川 健司
本社所在地:東京都世田谷区上用賀1丁目7番3号
設 立:1962年10月4日
事 業:上下水道施設の維持管理業及びコンサルタントに関する事業
       上水・下水の給排水設備及び空調設備の設計、施工に関する事業 他
HP  URL:https://www.kansei-pipe.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ