箭内道彦さんらトップクリエイターの下で学び福島県の魅力を発信する道場「誇心館」が送り出す情報発信


福島県クリエイティブディレクターの箭内道彦さんを館長に、本県の情報発信に携わってきたトップクリエイ
ターの方々を師範に迎え、県内クリエイターがその技術と哲学を学びながら、実践としてふくしまの魅力や正確
な情報を発信する道場「FUKUSHIMA CREATORS DOJO 誇心館」において、写真家の石井麻木師範を師範に学
んだ3人の県内クリエイターが、浜通りの13市町村の画像で制作したカレンダー『13places,13months』、福島
県内及び県にゆかりのある26名を取材したインタビュー動画『ひとりひとりの福島』を制作しました。

3月25日(月)正午よりYouTubeにて動画を配信するとともに、特設サイトにてカレンダー画像のダウンロード提供を開始します。

カレンダー『13months,13places』

震災から13年、浜通り13市町村の写真で、2024年3月から2025年3月まで13カ月のカレンダーを制作。写真は、海・空・緑など福島の未来や希望を感じることができるものをセレクトしました。
カレンダーのデジタルデータは「FUKUSHIMA CREATORS DOJO 誇心館 Webサイト」よりダウンロードいただけます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「FUKUSHIMA CREATORS DOJO 誇心館 Webサイト」2023年度成果発表ページ
https://fukushima-creators-dojo.jp/achieve2023/
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////



インタビュー動画『ひとりひとりの福島』

福島県の「今」を伝えるコンセプトで、福島県で輝く26名に、それぞれの福島への思いや描く未来の姿について伺いました。
福島県公式YouTubeチャンネル等より閲覧いただけます。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「福島県公式YouTubeチャンネル」
https://www.youtube.com/user/preffukushima
「福島の今を知る動画スペシャルサイト」
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/movie-now/
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////



◯師範プロフィール
石井麻木(いしいまき)

写真家。東京都生まれ。
写真は写心。一瞬を永遠に変えてゆく。
各地で個展をひらくほか、詩と写真の連載、CDジャケットや本の表紙、映画のスチール写真、ミュージシャンのライブ写真やアーティスト写真などを手掛ける。
東日本大震災直後より東北に通いながら、現地の状況を写し続けており、現在でも月命日となる毎月11日には福島の地で福島の方々と過ごし続けている。2014年、写真とことばで構成された写真本『3.11からの手紙/音の声』を出版。2017年、同写真本の増補改訂版を出版。大きな反響を呼び全国で同タイトルの写真展の開催を続ける。2023年、震災を知らないこどもたちにも希望と記憶を繋いでいけたらと、写真絵本『ただいま、おかえり。3.11からのあのこたち』を出版し、収益は全額寄付。福島空港開港30周年記念として、福島を皮切りに写真展「3.11からの手紙/音の声」を開催し、全国を巡回中。
2021年より福島県「来て。」ポスターフォトコンテスト審査員。


◯塾生氏名
荒牧 結希(あらまき ゆき)
一條 和央理(いちじょう まおり)
高木 信幸(たかぎ のぶゆき)


◯FUKUSHIMA CREATORS DOJO 誇心館とは
これまで福島県の情報発信に携わってきたトップクリエイターの方々の技術と哲学を学ぶ場を提供すると共に 実践として福島県の魅力や正確な情報を発信するクリエイティブを作成し、県内外に広く発信することにより、風評払拭・風化防止やブランド力向上を図る道場です。


◯主催
福島県


◯問い合わせ先
FUKUSHIMA CREATORS DOJO 誇心館 事務局 (株式会社山川印刷所内)
info@fukushima-creators-dojo.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ