6月25日(火)より、渋谷ヒカリエ8/CUBE & 日本写真芸術専門学校の2会場にて開催!



日本写真芸術専門学校は、写真家ハービー・山口氏の校長就任を記念し、6月25日(火)より特別写真展「HOPE 2024 ~希望を撮り続けた50年~」を開催します。渋谷ヒカリエ「8/CUBE」、日本写真芸術専門学校8階「Wall Gallery」の2会場を股にかけ、山口氏の全キャリアを振り返る内容です。展示構成は、日本写真芸術専門学校主任講師で写真評論家の鳥原学氏が担当します。

渋谷ヒカリエ「8/CUBE」会場では、活動初期の写真集『1970年、二十歳の憧憬』からはじまり、ロンドン在住時代、2000年代以降~故・坂本龍一氏との最後のショットを含む最新作までを3つのスペースにわたって展示。併せて、山口氏が初期に使用していたカメラやコンタクトシートなどの仕事道具も展示予定。制作過程で山口氏がじかに触れ、実際に扱った仕事道具の数々から、作家の "体温" を感じることができます。

日本写真芸術専門学校の「Wall Gallery」会場(渋谷区桜丘町)では、たくさんのファンに愛されるあの名作『代官山17番地』の再構成作品を展示します。

じつに50年を超えるキャリアの中で、この世界の愛おしさやささやかな希望を写し続けた山口氏。本展ではその足跡を振り返りながら、不安定な時代を生きる若者たちへ、写真を通じたエールを送ります。静かな感動とインスピレーションを得られる本展に、どなたもぜひお越しください。

6月28日(金)には、本展に合わせたトークショーも開催予定です。


ハービー・山口新校長 略歴



ハービー・山口(はーびー・やまぐち)
1950年東京都出身。23歳でロンドンに渡り10年間在住、劇団の役者を経ながら写真活動に励む。折からのパンクロックのムーブメントの中、ミュージシャンのポートレートが高く評価された。幼年期に患った病歴の末、写真のテーマを「生きる希望」とし人物を撮り続けている。エッセイの執筆、ラジオのパーソナリティー、ギタリスト布袋寅泰には歌詞を提供している。テレビ番組「徹子の部屋」にも出演するなど幅広い年代層から支持されている。2011年度日本写真協会賞作家賞受賞。個展・著作多数。作家名の「ハービー」は、敬愛するジャズフルート奏者ハービーマンより。

公式HP
http://www.herbie-yamaguchi.com/




本展示に寄せて:ハービー・山口氏のメッセージ


20歳の頃から最近の作品までを展示しました。「人間の生きる希望を撮りたい」という想いが全ての写真に通底しています。

私にはカリエスという病を生後間もなくから十数年患った経験があり、その病気から立ち直った10代の終わりのある日、「生きる希望を撮りたい」と強く思ったことが始まりでした。

「相手の明日の幸せを祈ってシャッターを切る」。それがカメラを構える時の心境です。

校長就任記念展 展示概要


〈会場1.〉
展示名:ハービー・山口 日本写真芸術専門学校校長就任記念展
    「HOPE 2024 ~希望を撮り続けた50年~」
主 催:日本写真芸術専門学校
会 期:2024年6月25日(火)~7月2日(火)
    11:00 ~ 20:00
    ※7月2日(火)のみ11:00~17:00
会 場:渋谷ヒカリエ8階 8/CUBE 1,2,3(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷 2-21-1 8階)
入場料:無料

〈会場2.〉
展示名:ハービー・山口 日本写真芸術専門学校校長就任記念展
    「HOPE 2024 ~希望を撮り続けた50年~」in Wall Gallery
主 催:日本写真芸術専門学校
会 期:2024年6月25日(火)~7月7日(日)
    9:30~20:30(平日)
    9:30~17:00(土日)
会 場:日本写真芸術専門学校 8階Wall Gallery(東京都渋谷区桜丘町4-16 8階)
入場料:無料

ハービー・山口氏校長就任について


日本を代表する写真家の一人であるハービー・山口氏が、2024年4月1日付で日本写真芸術専門学校の校長に就任いたします。

山口氏はこれまで20年以上にわたり、特別講義などを通じて本校の学生の成長に貢献されてきました。本校は山口氏の才能とご経験、そして教育への情熱が次代を担う優秀なクリエイターの育成に不可欠であると考え、この度、校長に招聘させていただくことになりました。

新校長のリーダーシップのもと、日本写真芸術専門学校はさらなる飛躍を遂げ、日本の写真業界に貢献できる人材の輩出を目指します。なお、副校長には同じく写真家の倉持正実氏((社)日本写真家協会会員)が就任されます。

本校は引き続き写真文化のさらなる発展に貢献すべく、質の高い教育事業の提供に邁進して参ります。今後とも、変わらぬご愛顧をお願いいたします。

15時以降の週2日~3日の登校で充実した写真人生を!
ミドル・シニア世代向け学科「フォトコミュニケーション科」も設置!


日本写真芸術専門学校には、フォトコミュニケーション科を開設。
本学科は、ミドル・シニア世代を主な対象に “学びなおし” の場を提供。写真を通じて「人・社会との繋がりを作る力」を育みます。15時以降の週2~3日の登校で、写真を通じて人生を豊かに彩るさまざまな経験ができます。

学校法人呉学園について


東京都渋谷区において、写真、デザイン、イラストレーション、マンガなどの分野のクリエイターを育成する「日本写真芸術専門学校」「専門学校日本デザイナー学院」との2校を運営。「Real Education -超実践教育-」を教育理念として実体験を中心とした本格的なクリエイター育成に取り組み、数多くの著名な写真家やデザイナーやイラストレーター、マンガ家、写真家を輩出してきた。新時代における実践教育の手段として、対面教育とオンライン教育の効果の最大化を目指した取り組みを行っている。海外事業にも積極的で、マレーシアにおける事業展開を進めている。
日本のクリエイティブを「世界」に広げ、また、そのような活動を通じて世界のクリエイティブを「日本」で学ぶことができる教育環境の構築を目指している。
日本写真芸術専門学校(https://npi.ac.jp/
専門学校日本デザイナー学院(https://ndg.ac.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ