株式会社ヤマダホールディングス(本社:群馬県高崎市、代表取締役会⾧ 兼 社⾧ CEO:山田
昇、以下、ヤマダホールディングス)は、「2023 年度 実業団 of the year」において、ヤマダホールディングス陸上競技部が「社会貢献賞」を受賞しましたのでお知らせします。

「実業団 of the year」は、一般社団法人日本実業団陸上競技連合が主催・共催する陸上競技大会において優秀な成績を収めた選手、チームおよび指導者と社会貢献を通じて陸上競技の普及促進に取り組んだチームもしくは個人を表彰するものです。
ヤマダホールディングスは、2022 年に発足した、地域・社会貢献活動の企画運営を担う文化育成振興推進部と陸上競技部が連携し、「トップアスリート派遣陸上教室」や全国の青少年を対象とした「次世代へのバトンクリ二ック」、聴覚障がいを持つ子供たちへの「デフ陸上教室」等を開催してきました。
また、地元市民マラソン大会にゲストランナーとして参加し町観光PR に協力する等、スポーツを通じた多岐に渡る社会貢献活動により、夢や希望をはぐくむ機会を提供していることが評価されました。

一般社団法人日本実業団陸上競技連合HP:http://www.jita-trackfield.jp/

■ヤマダホールディングス陸上競技部の社会貢献活動
次世代を担う子供たちへ陸上やスポーツの魅力、楽しさ、夢や目標への挑戦をサポートする活動を行っています。

トップアスリート派遣陸上教室日本全国の子ども達を対象に陸上競技の普及やスポーツの楽しさを伝えることを目的とした陸上教室を実施し、トップアスリ
ートの実技パフォーマンス披露や技術指導を行いました。2023年4月より6 回実施し、幼児から一般まで約300 名が参加しま
した。




「次世代へのバトン」クリニック
青少年の健全育成と夢やスポーツに対する積極性を高めるきっかけづくりを目的として開催。
東京五輪400mH に出場経験のあるヤマダホールディングス陸上競技部の元選手、安部孝駿が講師を務め、これまでの選手生活における様々な経験や目標を叶えるための信念について講演しました。
2022 年から開始した講演会は、これまで全国30 か所にて開催、学生を中心に約5,800 名が参加しました。2023 年度は17 か所にて開催し、約2,800 名が参加しました。
同講演会を共催している公益財団法人山田昇記念財団からは、実施した各学校に基礎体力向上を目的としたトレーニング用品を贈呈しました。




デフ陸上教室
一般社団法人日本デフ陸上競技協会と公益財団法人山田昇記念財団の協力のもと、聴覚に障がいのある子供たちに対して陸上教室を実施。実技パフォーマンスの披露や直接指導を行いながら交流することで、スポーツへの興味・関心を促しています。デフリンピック日本代表選手も講師として参加し交流するなか、デフリンピックの紹介やデフ陸上競技の競技会で正式採用されている「スタートランプ*」の体験会とともに、夢や希望を育む機会となる教室を目指しました。
*スタートランプ:デフリンピック等の聴覚障がいをもつアスリートのみが出場する陸上大会にて使用。陸上トラック競技用の機器であり、出発音を光に変換する。




市民マラソンへのゲストランナー参加ヤマダホールディングス本社がある群馬県内各地の市民マラソンを中心に、地域交流や町観光PR 、生涯スポーツの推進を目的として女子中長距離選手がゲストランナーとして参加しました。
参加したランナーと共に各地の風景や街並みを感じながら交流を深めました。




■ヤマダホールディングス陸上競技部
ヤマダホールディングス陸上競技部は、2004年4月の発足以降、これまでクイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)や東京オリンピック、世界陸上等、国内外の様々な大会で活躍しています。また、陸上競技活動を通じたスポーツ振興として、子ども達への教育支援をはじめ地域社会の活性化やスポーツ文化の向上等、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

ヤマダホールディングス陸上競技部HP(社会貢献活動)
https://www.yamada-holdings.jp/rikujou/topics/

ヤマダホールディングス陸上競技部 各種SNS
公式 X :https://twitter.com/yamada_tf2004
公式Instagram:https://www.instagram.com/yamada_hldgs_tf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ