~高精彩で魅せるイラスト展~




■阪神梅田本店8階 ハローカルチャー4・5
■6月19日(水)→ 7月2日(火)※6月25日(火)・7月2日(火)は午後5時終了
■阪神梅田本店公式URL:https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/

身近に楽しめる絵画やオブジェ、アート雑貨などをイベンティブに発信する阪神梅田本店のアートギャラリー「ハローカルチャー」。

今回は、「エール!イラストレーターズ2024 OSAKA1」をご紹介いたします。
国内外で人気のイラストレーターによるイラスト作品を、おもに大日本印刷株式会社(DNP)のホログラムやオーロラ仕様をはじめとした高精彩印刷技術を用いて出力し、前期、後期の期間にわけて一堂に展示するデジタルイラスト展を開催します。前期は、カオミン、萩pote、藤ちょこの3人の作家の方を展開し、グッズ販売も開催いたします。


・作家&作品紹介


カオミンイラストレーター。 ゲーム会社勤務を経て、現在は書籍の装画を中心に活動。
PS4/Switchゲーム『夜、灯す(日本一ソフトウェア制作)』のキャラクターデザイン、書籍『よくわからないけれど異世界に転生していたようです(あし著、Kラノベブックス)』、『解剖探偵』(敷島シキ著、角川文庫)などの装画を担当。
2022年には、多数の商業作品と自身の作品を収録した作品集「幻影の少女 カオミン作品集」を出版。










萩pote(ogipote)新潟県出身、在住イラストレーター。アニメ調の精彩な美少女イラストを主軸に、様々なメディアにて作品を発表。エモーショナルな題材や瞬間を切り取ったような画面構成で多くの反響を呼び、近年では発信や講演活動にも注力。








藤ちょこライトノベルの挿絵や、TCGイラスト、ソーシャルゲームイラストなど幅広いジャンルで活動している。 オリジナルイラストも多く手掛け、 鮮やかで明るい透明感のある色彩と奥行を感じさせる構図や背景への丁寧な描き込みが作者特有の世界感を引き立てている。 1st画集「極彩少女世界」がビー・エヌ・エヌ新社より、2nd画集「彩幻境」が玄光社より発売中。






詳しくは下記のハローカルチャーコラムブログよりご覧いただけます。
https://web.hh-online.jp/hanshin/contents/hlc/hlc01/detail/2024/05/_2024osaka.html

■阪神梅田本店8階 ハローカルチャー4・5
■6月19日(水)→ 7月2日(火)※6月25日(火)・7月2日(火)は午後5時終了
■阪神梅田本店公式URL:https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ