デジタル家電の2018年No.1メーカーを発表

BCNは1月15日、全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2019」の受賞社を発表した。 「BCN AWARD」は、家電量販店などから集計している実売データ(POSデータ)をもとに、部門(ジャンル)ごとに年間販売数量累計1位の企業を表彰する制度。20回目となる「BCN AWARD 2019」の対象期間は2018年(1月1日~12月31日)で、ハードウェア85部門、ソフトウェア32部門の計117部門で61社が受賞した。

今回、従来、接続方式を区別せず、まとめて集計していたヘッドホン・イヤホン部門を、ワイヤード(有線)、ワイヤレスの2部門に分離。新設のヘッドホン・イヤホン(ワイヤレス)部門では、エレコムがシェア16.2%でトップに立った。

既存部門は、PCケース部門でThermaltake Technology、ワイヤードスピーカー部門でサンワサプライ、ホームシアターシステム部門でヤマハ、ワイヤレススピーカー部門でハーマンインターナショナル、デジタルカメラ(レンズ一体型)部門でニコン、デジタルカメラ(ミラーレス一眼)部門でキヤノン、LED電球・蛍光灯部門でアイリスオーヤマの計7社がそれぞれ初受賞した。

注目のカメラ部門は、レンズ一体型(コンパクトデジカメ)とミラーレス一眼でトップが交代。18年の販売台数シェアは、レンズ一体型はニコンが31.5%、キヤノンが29.8%、ソニーが11.9%、ミラーレス一眼はキヤノンが31.6%、オリンパスが23.5%、ソニーが22.7%、一眼レフはキヤノン57.4%、ニコン39.3%、リコーイメージングが3.1%となり、キヤノンは惜しくも三冠を逃した。

また、インクジェットプリンタ部門ではセイコーエプソンが5年ぶり、ページプリンタ部門ではキヤノンが5年ぶり、ゲームコントローラ部門ではエレコムが3年ぶり、グラフィックスソフト部門ではセルシスが2年ぶり、クリップアートソフト部門でデータクラフトが2年ぶりに年間1位を奪還した。

なお、「BCN AWARD」の創設以来、クリエイティブメディア(サウンド関連ボード)、バッファロー(LANカード)、ワコム(ペンタブレット)、ジャストシステム(OS/統合ソフト/データベースソフト/表計算・グラフソフト/プレゼンテーションソフト)、弥生(業務ソフト)、筆まめ(葉書・毛筆ソフト)の7社は20年連続で受賞している。

ITに取り組む若者をたたえる「BCN IT ジュニア賞」も発表

BCNは、「BCN AWARD 2019」と同時に、14回目を迎える「BCN IT ジュニア賞 2019」の受賞者を発表した。ITジュニア育成交流協会からの推薦を受け、ITに取り組む若者を対象としたコンテストで優秀な成績を収めるなど、すぐれた技術をもつ若きエンジニアを表彰する制度で、今回は4チームと個人6名を選出した。

また、昨年から新たに、16歳以下を対象とする「U-16プログラミングコンテスト」の優勝者を表彰する「BCN ITジュニアU-16賞」を新設。「北海道大会」「三重大会」「松山大会」「長野大会」「山梨大会」「和歌山大会」の優勝者6名を選出した。

・「AKAMOKU-水中カメラとドローンによるアカモクの資源管理」制作チーム(国立鳥羽商船高等専門学校)

・「わあるど Wakka! Re learn & Discovery」制作チーム(国立香川高等専門学校詫間キャンパス)

・「高橋n段」(国立仙台高等専門学校名取キャンパス)

・埼玉県立越谷総合技術高等学校 IT部 プログラミングコンテストチーム

・菅野 晄(早稲田実業学校初等部)

・宮城 采生(京都市立岩倉南小学校)

・藤巻 光平(日本工学院八王子専門学校)

・美座 天佑(東京工業大学工学部)

・石田 有希人(愛媛県立松山工業高等学校)

・岩永 怜也(長崎県立長崎工業高等学校)

・福田 華蓮(旭川市立神居東中学校)

・平野 真央(長野市立篠ノ井西中学校)

・吉川 椛(山梨英和中学校)

・田中 魁(鈴鹿市立稲生小学校)

・谷坂 栞羽(白浜町立白浜中学校)

・二宮 翔(松山市立北条南中学校)

1月18日には、東京・有楽町の「東京国際フォーラム ホール B7」で、「BCN AWARD 2019」「BCN ITジュニア賞 2019」の表彰式を開催する。当日は、15時から表彰式の模様をUstreamで生中継する。

http://www.ustream.tv/channel/7yp2vh79fb6

「BCN AWARD」特設ページ(http://www.bcnaward.jp/award/)では、1999年の年間データにもとづく「BCN AWARD 2000」以降の年度別受賞企業や、部門別受賞企業を紹介しています。販売台数1位の「BCN AWARD」受賞企業を含め、部門ごとにシェアトップ3メーカーとその販売台数シェアを公開していますので、ぜひご覧ください。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます