SIMフリースマホの年間販売台数シェアでファーウェイが2年連続のNo.1を獲得

全国の家電量販店やECショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2018年1月1日~12月31日のSIMフリースマートフォン(SIMフリースマホ)の販売台数シェアで、ファーウェイが43.8%で年間トップを獲得した。同社は、2017年も同カテゴリーでNo.1を獲得しており、2年連続で年間王者となった。グローバルではアップルを上回って世界第2位のスマホメーカーになったことが大々的に報道されたが、国内市場でも年々存在感を高めている。販売台数シェアの推移と2018年発売モデルから、躍進の1年を振り返った。

昨年比で販売台数シェアが6.5ポイント上昇 8月には50%超も達成

昨年初めてNo.1を獲得した時(17年1月1日~12月31日)と今回(18年1月1日~12月31日)の販売台数シェアを比較してみると、この1年でファーウェイのシェアが37.3%から43.8%と6.5ポイントも上昇しているのが分かる。2位のASUS、3位のシャープも微増していることから、「その他」のユーザーが多くファーウェイ製品に流れてきたという見方ができそうだ。

次に1年間を通して販売台数シェアの推移を分析してみた。ファーウェイは、2月にシェアが40%を突破。以後、一度も40%を割ることなく高シェアをキープ。特に、8月に50%超を達成したことは大きなトピックにあげられるだろう。メーカー別の競争においても、年間でトップを他社に譲ることはなかった。

なぜ、ここまで圧倒的なシェアを獲得するに至ったのか。その理由は、エントリーモデルからハイエンドモデルまでそろえる多彩なラインアップにある。ただ、単に“数が多い”というのではなく、ユーザーのニーズを確実に捉えた“質の高さ”を伴うことで他社の同等クラスのスマホに競り勝ち、シェアを伸ばした。記者がレビューした2018年に発売されたモデルを振り返りながら、その勝因を探ってみたい。

No.1をけん引した圧倒的売れ筋「HUAWEI P20 lite」

まずは、SIMフリースマホのシリーズ別の年間販売台数ランキングで、頂点に立った「HUAWEI P20 lite(以下、P20 lite)」。「BCNランキング」では、SIMフリースマホ全体で200以上のシリーズが集計されているが、その中で“15.6%”という高シェアを叩き出し、2018年の圧倒的な売れ筋となった。

縦横比19:9の縦に長い約5.84型のフルHD+ディスプレイを採用する「P20 lite」の魅力は、平均単価2万5695円(集計期間中に販売された対象製品すべての販売価格を平均した価格)というお手頃価格で、「フルビューディスプレイ」「ダブルレンズカメラ」「指紋認証&顔認証」「急速充電対応」といったトレンド機能を搭載したコスパの良さだ。

特にユーザーに支持されたのは、エントリーモデルとは思えない高品質のカメラ性能だ。有効約1600万+約200万画素のダブルレンズ仕様のアウトカメラは背景をぼかし、撮影後にフォーカス位置の調整が可能な「ワイドアパーチャ」に対応。また、受光感度を4倍に高める「4 in 1ライトフュージョン」技術や、3D顔認識による10段階の「ビューティ補正」機能を備えるインカメラは男女問わず人気を集めた。

次世代スマホカメラを5万円以下で実現した「HUAWEI nova 3」

平均単価4万8445円とミドルクラスの価格帯で、前後ともにダブル&AIカメラを実現した「HUAWEI nova 3(以下、nova 3)」も、今年のファーウェイの躍進を象徴する1台といえるだろう。

約6.3インチのフルビューディスプレイを採用する「nova 3」は、アウトでF1.8/約2400万画素モノクロセンサー+F1.8/約1600万画素カラーセンサー、インで約2400万画素+約200万画素のダブルレンズカメラを搭載。クオリティの高いポートレードモードはハイエンドクラスにも引けを取らない。

そして、外せないのが次世代と呼ぶにふさわしいAIカメラだ。これはAIが被写体を自動判別し、それぞれのシーンに最適な設定で撮影するという機能。これまで何気なく撮影していた写真を手軽にアーティスティックにすることができ、多くのユーザーを魅了した。

例えば、SNSに投稿する人も多いであろう「フード」。AIをオンにしていれば、レンズを向けるだけですぐにシーンを認識。設定せずに撮影したものと比べて、温かみのある色合いに。食べ物だけでなく、それを乗せている石にも補正が及んでいるのがポイントだ。

美しさが際立っていたのが、逆光でつぶれてしまうことも多い「日の出/日の入り」のシーン。光を当てるところは当て、影を生かす部分は生かし、メリハリのある幻想的な1枚を撮影することができた。

スペックもAI専用プロセッサ(NPU)内蔵の「HUAWEI Kirin 970」を搭載、メモリはRAM4GB/ROM128GBと非常に優秀。スマホゲームでグラフィックの処理能力を高める「GPU Turbo」やゲームプレイ時にチップセットの割り当てや通知の非表示設定などができる「Game Suite」などの機能を備えるなど、高負荷のアプリを使用したいユーザーにとっても有力な選択肢となる端末だ。

2018年No.1との呼び声も高い「HUAWEI Mate 20 Pro」

最後に紹介しておきたいのが、年末に登場したファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 20 Pro(以下、Mate 20 Pro)」だ。約6.39インチ(解像度3120×1440ドット)の有機ELを採用した画面占有率86.9%のフルビューディスプレイは、側面がカーブしており見た目にも美しい。

スペックは同社の最高クラスで、独自に開発した新型のAIプロセッサ「HUAWEI Kirin 980」を搭載。高負荷の作業を快適にこなせるだけでなく、アプリの立ち上げやブラウンジングなどの普段の作業も爆速で、多くのユーザーがその恩恵を実感した。

「Mate 20 Pro」の最大の特徴は、背面にスクウェアに配置された「Leicaトリプルカメラ」。約4000万画素/F1.8/27mmの広角、約2000万画素/F2.2/16mmの超広角、約800万画素/F2.4/80mmの3倍望遠という構成で、焦点距離は16~270mmと非常に広い。同じ風景でも超広角(0.6倍)~デジタルズーム(10倍)で撮り分けるとまったく異なる印象の写真を記録することができた。クオリティも一眼レフに劣らない出来栄えだ。

ダイナミックな風景撮影だけでなく、繊細なマクロな世界の描写でも最短2.5cmまで被写体に近寄れる「スーパーマクロ」モードも秀逸だ。試しに花を撮影してみたところ、滴る水滴や花びらにつかまる小さなアリなど、細部の際立つ写真を撮影することができた。

カメラ機能以外でも「Mate 20 Pro」は、とにかく新しいものづくしの端末だった。たとえば、指紋認証は同社の国内展開モデルとして初となるイン・スクリーン指紋認証を採用。フルビューディスプレイと指紋認証の快適さを両立し、新たなスタンダードを提案してみせた。

約30分で70%充電できる40Wの「HUWAWIスーパーチャージ」に対応するバッテリーが搭載している「ワイヤレスリバースチャージ」もユニーク。これはワイヤレス充電に対応する端末であれば、背面を合わせることでモバイルバッテリーのように給電できるというもの。スマホの域を超えた機能は、今後のスマホの進化の可能性をうかがわせた。

今回、紹介した3モデルだけでもキャラクターに幅があるが、これらは2018年に登場したファーウェイの端末のごく一部。実際はさらにスペックや価格帯が細かく分かれたモデルを多数展開した。SIMフリースマホ市場は裾野が拡大したことで、ニーズも多様化している。そうした市場動向とファーウェイの戦略がマッチしたことが、ファーウェイを2年連続のNo.1に押し上げた大きな勝因といえるだろう。(BCN・大蔵 大輔)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます