どんなに恋活や婚活を頑張っても上手くいかない時ってありますよね。

モテないスパイラルに陥った時は、改めて立ち止まって自分自身を見つめ直してみましょう。もしかしたら、知らぬ間に男性を遠ざける考えや言動をあなたが行っているのかもしれません。

そこで今回は、モテる女性になるためにやめたほうがいい「4つの思考」についてご紹介します。

早く彼氏が欲しいのになかなかできない、男性にアプローチされないという女性は必見です!

男性から愛されるためにやめたほうがいい「4つの思考」とは?

1.悲劇のヒロイン的な考え

女性のなかには、男性の気を惹くためにあえて悲劇のヒロインぶる人が少なくありません。

過去の不幸な恋愛ネタや、トラウマになった出来事など、わざわざ話さなくてもいいような話を男性に振って「こんな私でも受け入れてくれる?」と涙目で訴えようとします。

しかし、不幸ネタで寄って来る男性にロクな人はいません。

また、男性からすれば本命女性の過去の失恋ネタなど、できれば聞きたくないのが本音です。くれぐれも、知り合ったばかりの男性にはあえて話さなくてもいい過去まで話す必要はないのです。

モテる人や自信に溢れた男性ほど、毎日幸せそうに過ごしていて、自分と同じように自信に満ち溢れた女性を本命の相手として選びます。

悲劇のヒロイン的な考えで男性の同情を求めても、優しい言葉はかけてもらえるかもしれませんが、本命として選ばれる可能性は低いです。

男性に本命視されたいなら、過去の不幸話を話して同情を誘うのはやめて、男性との会話を楽しむようにしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます