筆者の独身の女友達は、キャリアウーマンで高給取り。休日に華道を習い、数万円するお寿司を友達と食べに行き、仕事のご褒美にブランド品をポンと購入する。なんとも羨ましい生活を送っています。

でも、そんな彼女が「隣の芝生はいつでも青いよ」とポツリとひとこと。

Instagramを開けば、子どもを抱いて幸せそうな友人の写真や、頻繁に海外旅行に行き、独身生活を謳歌しているバリキャリ独女の友人の姿がありますよね。

SNSが発達した今、そんな姿を目にすると、「自分の生活や人生は、本当にこれでいいのかな」とモヤモヤ悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

実は筆者にも、そんな時期がありました。隣の芝生は、いつでも青いもの。

でも、SNS上ではとびきり幸せそうな彼女だって、実は悩んでいるかもしれません。

今回はそんな隣の芝生が青い問題と、対処方法をご紹介します。

筆者のモヤモヤ期

30代前半の2年間、私にもモヤモヤ期がありました。

当時、行政書士事務所を開業し、さらに、司法書士試験受験のため、遊び心を封印し、仕事と勉強だけのストイック(地味)な日々を送っていた頃です。

周囲がどんどん結婚・出産していくのを横目に「結婚しなければいけないのでは?」とグルグル悩む毎日。一ミリの結婚願望もないのに、です。笑

この2年間はかなりツラく「ずっとモヤモヤした気持ちで過ごすのかな」と不安ばかり。幸いある時期から心のモヤモヤは、ゆっくりゆっくり晴れていきましたが。

きっかけは、「私、本当に幸せなの。こんな旦那様に巡り会えて超ラッキー。運命だわ」なんて言っていた友人が、あっという間に離婚したり、SNSでは幸せな姿を見せびらかしている彼女が、実は夫の浮気に悩んでいたり、自らも不倫していたりする事実を聞くと「私の人生は、このままでいいじゃん」と思えたからです。

2年かかりましたが、これもいい経験。

私は、ライターという仕事柄「SNSでは幸せそうに見えるけど、実はね……」と、友人たちが、こっそり見えない部分を教えてくれます。

例えば次のように。隣の芝生は意外と青くないですよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます