既婚男性に誘惑され、軽い気持ちではじめた恋愛が、泥沼不倫地獄に発展する……。

いつか流行った不倫ドラマのようですが、現実に、不倫の恋で苦しむ女性は少なくないようです。

悪い男から身を守れるのは自分だけです。今回は、既婚男性に狙われやすい女性のタイプを4つご紹介します。

要注意!既婚男性に「不倫相手」として狙われやすい女性はこんなタイプ

意外?普通の家庭の奥さん

先日、ある男性が「ちょっと田舎の、家庭が平和で退屈している奥さんは簡単に落とせる」と言っていました。

既婚男性にとっては、自由な時間が作りやすい専業主婦であれば、不倫するハードルが低くなります。また、ダブル不倫なら、不倫で背負うリスクも同等ですから、相手からの不満も出にくいと言えます。

また、お互い家庭を犠牲にしている背徳感を共有することで、不倫の快感も増すのかもしれません。

さらに、夫がいる身で不倫する女性は、夫以外の男性と一緒にいるところを知人などに見られてはいけません。ですから外でのデートなど要求されず、既婚男性にとっては不倫相手として最適と言えます。

筆者の周囲でも、普通の家庭の奥さんがダブル不倫した結果、夫にバレて離婚したカップルが数組います。 彼女たちは、まさに上記の男性が指摘しているとおり、田舎の退屈している奥さんたちでした。

20代前半の女性

相手が既婚者でも気にしないし、まだ自分自身の結婚をリアルに感じられない20代前半の若い女性は、既婚男性の格好の相手。「“不倫”ではなく、たまたま既婚者と恋愛することになっちゃっただけ」と軽く考えられる子なら、なお良い不倫相手になるでしょう。

結婚願望が強くなるアラサー女性に比べると、20代前半の女性なら「奥さんと離婚して私と結婚して」と迫られる確率も下がります。

また、若い女性にとって既婚男性は、同年代男子に比べ、結婚して責任を背負った姿は頼もしく、かっこよく見えるという面もあります。そんな側面を利用すれば、若い女性を落としやすいと言えます。

でも、女性の方は恋愛だと思っていても、相手は既婚者で不倫。奥さんにバレて慰謝料を請求されて、事の重大さに気づくことも。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます