「女心と秋の空」と言われているように、女性の心は移ろいやすいもの。だからと言って男心が変わらないものというわけではありません。

男性は我慢強いから最後まで言わないだけ。「彼氏は私のことが好きだから」と思って無意識に発している言葉が、彼氏を遠ざけていることもあるのです。

別れを告げられた時には、もう彼氏の意思は固く、崩せるものではありません。

彼氏との関係を悲しいものにしないためにも、「最近距離があるかも?」と感じているあなたは、これから紹介する言葉を発していないか見直してみてください。

言っていたら要注意!彼氏の心が離れていくNGワードあれこれ

1:「へぇー!(分かっているふり)」

分かっているふりを続けていると、勝手に彼氏のことを決めつけて動くようになってしまいます。すると、2人のコミュニケーションにズレが生じていき、自然と心が離れていくのです。

日常生活などでも同じことをしていませんか? そしてそれが知らず知らずのうちに当たり前になってしまっているのです。

「分からない」と言うのは勇気のいることかもしれませんが、何事においても素直な人は好かれます。

「分からない」が言いにくいのであれば、「この辺りはわかる・興味がある」みたいな形で伝えることから始めてみましょう。

2:「私の方が○○できるよね」

最初は同意してくれるかもしれません。ですが、彼氏にも彼氏の言い分ややり方があります。あまりにもこの言葉を言われると、「俺って必要?」と窮屈に思うようになるのです。

実はこの言葉、仕事はできても結婚や婚活がうまくいかないキャリア女性が無意識に言っていることが多いです。男性脳・仕事脳で判断するのが日常のため、それを恋愛にも持ち込んでしまっています。

つい何事も勝ち負けで判断しようとしてしまうのです。この事実を受け入れてください。そして、恋愛では男性脳・仕事脳はオフにして、目の前の人と楽しむことを考えるようにしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます