女子会の恋バナで、女友達からとんでもないひどい彼氏のエピソードが飛び出す、なんてことありますよね。

今回は、実際にアラサー女性たちに聞いた、なぜ付き合ってたんだろう? と思ってしまうほどにひどかった元彼のエピソードを実録形式でご紹介します。

なんで付き合ってたの? ひどすぎる元彼エピソード

1:彼女は車の二の次?車が好きすぎた元彼

「車が大好きだった元彼。他に趣味という趣味はなく、とにかく寝ても覚めても車! という感じでした。

付き合い始めた時にはドライブデートも楽しいし、たまに仕事帰りに車で迎えにきてくれることもあって、特に気にはしていなかったのですが……。

毎回デートの途中に、カー用品専門店を見つければ、こちらに寄ってもいい? という質問もなく、勝手に立ち寄る。しかも一度見始めると長いし、私は車に興味がないのでつまらないし……。

歩み寄ろうと何度か質問等をしてみたのですが、専門的すぎることで全く分からず(笑)

2人で旅行に行く計画を立てていた時に、突然旅行は延期にしたい、と言われたこともありました。

理由はカー用品でお金を使いすぎたから。

極め付けに、付き合った当初は結婚も視野に入れて付き合いたい、と言っていたのに、具体的にいつするのか、と話を進めようとすると、車のローンがあるからなぁ……、と濁され……。

その時に無理! と思い、別れましたが、今となってはなんで付き合っていたんだろう? と疑問に思います(笑)」(29歳/事務)

車だけではなく、趣味にお金と時間をかける男性っていますよね。

適度に楽しんでくれる場合はいいですが、このエピソードのように、彼女よりも趣味、になってしまうところまでのめり込んでいる彼氏は厄介以外の何者でもありません。

結婚前に目を覚ませてよかった、と思ってしまいますね。

2:彼女の誕生日、休みなのにお祝いもしない、プレゼントもなし!

「これは私の親友の話なんですが、彼女の誕生日が休日なのに、プレゼントもなければ、お祝いもしない、という元彼がいました。

2人はサービス業の仕事をしていて、いわゆるシフト制だったんですが、彼女の誕生日が休みなのに、お祝いのデートもなければ、プレゼントもない。

LINEでいつものおはようメッセージに、お誕生日おめでとう。が付け加えられているだけだったとか。

親友はその元彼と3年間付き合っていたので、私は親友の誕生日当日は毎年空けていて、私が親友と誕生日のお祝いをして過ごしていました。

一度、私からその元彼に、親友の誕生日前日に『明日もしお休みだったら、一緒に親友の誕生日をお祝いしませんか?』と連絡をしたことがあったのですが、『休みですが、結構です』と返事が。

あまりにも腹が立って、親友にそのことを話したところ、別れを決意してくれて、親友は今では別の男性と婚約中です」(28歳/美容関係)

このエピソードもなかなか酷い男性ですね……。

男性はこういった第三者の女性の介入が苦手な人が多いといえども、わざわざ気を使って誘ってくれた彼女の親友にも失礼ですし、断りの言葉の選び方にも問題を感じます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます