「どんな人が好みなの?」

この質問、誰しもが一度は絶対に聞かれたことがあるはず。

気になっている男性に突然こんな質問をされて、思わず言葉に詰まってしまった、なんて経験ありませんか?

今回は実際男性に聞いたことを元に、男性から好みのタイプを聞かれた時のベストな回答をご紹介します。

「好みのタイプ」を聞かれた時のベストな回答って?

1:好きになった人がタイプ

「好きになった人がタイプ、って言われるといい意味で決まったタイプがないのかな、とポジティブに受け取れて好印象ですね。

自分も対象内なのかな? って思えるというか(笑)あと、一途そうな感じもします」(28歳/営業)

たしかに「好きになった人がタイプ」という言葉は、ポジティブな印象を受けますよね。

決まった特徴がない分、入り口が広い印象がありますので、男性側もアプローチがしやすくなります。

特に最近は草食系男子も増えていますので、「自分にもチャンスがあるかも」と男性に印象付けるのは大切なことになってきそうです。

2:具体的に答えすぎない

「たまに、具体的に答えすぎる女性っていませんか? あれはちょっと反応しづらいので困る!(笑)

特に外見上のことで、背が高くてー、塩顔でー、メガネかけててー、みたいに複数の特徴を並べられれば並べられるほど、あぁじゃあ自分はナイってことだな。って突きつけられてるような感じを受けます(笑)」(30歳/営業)

誰しも理想の異性像はありますが、気になっている男性から聞かれた時の回答としては良くないですよね。

特に外見上のことは、男性はメイクができないため、女性と違って雰囲気やイメージを変えることは困難ですし、ましてや身長は成人していれば急激に伸ばすことも難しいです。

ついついテンションが上がって、理想の異性像の詳細を説明したくなってしまう気持ちも分かりますが、男性から質問された時には心の中に秘めておく方が良さそうです。

3:一緒にいて落ち着く、自然体でいられる人

「一緒にいて落ち着く人、って答えられると嬉しいかも。

自分がそういう女性がタイプということもありますが、付き合っていく上でお互いが自然体でいられることってすごく大事だな、と思っているので」(31歳/不動産業)

こちらは女性側としても納得の意見ですね。

もちろん、恋愛初期特有のトキメキやドキドキは楽しいものですが、長く付き合うことを考えれば、「一緒にいて落ち着く人」であることはとても大切です。

また、理想ばかりが高いというような印象もなく、言葉の響き的なものもありますが、「人間性」を大切にしているような印象も受けますよね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます