―「オリジナル版」と「コピー版」を同時発売―

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、本日 3月26日 雑誌『広告』の最新号を発売いたしました。


昨年、クリエイティブディレクターの小野直紀が編集長に就任し、「いいものをつくる、とは何か?」を全体テーマに据え、この問いを思索する「視点のカタログ」として生まれ変わった雑誌『広告』。前号であるリニューアル創刊号では「価値」を特集、販売価格を1円(税込)とすることで大きな話題となりました。

最新号の特集は「著作」。SNSを賑わせる“パクリ”騒動や違法コンテンツ配信問題など、インターネット登場以降にものづくりをとりまく環境が激変する中、あらためてオリジナリティや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけます。
本号の企画制作にあたっては、『法のデザイン』(フィルムアート社)などの著者である法律家の水野祐氏を監修に迎えました。また、近年「写真の著作物性」に着目した作品を制作している美術家の原田裕規氏とコラボレーションし、代表作のひとつである『One Million Seeings』を再構築して誌面に掲載しています。

そして、今回の特集にまつわる問題提起として、「オリジナル版・価格2000円(税込)」とオリジナル版をコピーして作成した“セルフ海賊版”とも言える「コピー版・価格200円(税込)」の2冊を同時に発売します。

             オリジナル版(左)とコピー版(右)写真(C)Gottingham


さらに、執筆者や取材先と協議のうえ、記事ごとにクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(※)を付与しています。(一部の記事は対象外)


※インターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません」という意思表示をするためのツール。


詳細はこちら
https://hakuhodo.co.jp/news/info/79451/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます