なかなか素敵な出会いに恵まれないと「このままずっと一人なのかな……」と不安になりますよね。

そこで、友達に「誰かいい人がいたら紹介して」と声をかけたりしますが、実際に紹介があるタイプとそうでないタイプに分かれます。

「どうして私には紹介がないの?」と思っている人は、これからそれぞれのタイプの特徴を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

要チェック!いい人を紹介されるタイプの特徴

1: 紹介する男性好み

なかなか紹介してもらえないと「可愛くないとダメなの?」と考えがちですが、そんなに深い理由はなく単純に「男性の好みに当てはまるか」が重要となります。

例えば男性が「癒し系が好き」と言ったなら「クール系美人」の女性は選ばれませんよね。

紹介は男性も望んで初めて成立するので「じゃあ、あの子ならどうかな?」と思ってもらえることが大切です。

男性みんなに好かれることはできないので、友達には自分らしさを伝えておくといいでしょう。

「本好き」「趣味はカフェ巡り」とアピールしたのなら「よくカフェで本を読む男性」がいたらすぐに紹介となるはずです。

まず、相性の問題で紹介があったりなかったりすると覚えておきましょう。

2: 奥手でおとなしい

紹介を考える時に「いつも彼氏が切れない子」よりも「いい子だけど今まで彼氏がいなかった子」の方が選ばれやすいです。

彼氏がいたタイプならまた自分で彼氏を作ると思いますが、恋愛経験があまりないタイプは心配で放っておけません。

友達としても「男性とうまくいって欲しい」と思えるようなタイプなら、真っ先に「あの子を紹介しよう」と思いつくはずです。

例えるなら「緊張するから男性と話すのは苦手」「好きな人にアプローチできない」とあと一歩が足りずに応援したくなるような人となります。

「男性にも女性にも幸せになって欲しい」と願ってのことなのでこうして奥手の女性なら紹介しやすいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます