一見可愛くて性格も悪くなさそうだから何度かデートしてみたけど、本命彼女にはちょっと……。こんな発言、男性から聞いたことはありませんか?

その理由は「付き合ったらなんか面倒そうだから」。

仕事や趣味にアクティブな男性にとって、面倒な女を彼女にすることは自爆に等しいもの。「深く付き合うのはやめとこう」そう思わせてしまう女の特徴とは?

元カレ不幸自慢

過去をすべて共有した上で、それでも私を好きでいてほしい……。そんな女子の願いも、男性に届くことはあまり多くないようです。

なにかと元カレを気にする男性も、「浮気されたあげくに全部のつながりをブロックされて振られた」とか、「年下の彼にお金を貢ぎまくってた」なんて生々しい話が聞きたいワケではありません。

元カレに関する不幸ネタを正直に話すことは「この子には粗末に扱われる何かが?」と思われるだけじゃなく、「明るく見えても精神病んでそう……」なんて余計な憶測を呼ぶかも。

ネガティブな過去情報はさらけ出しすぎないように。

永遠にラブリー

「可愛い=幼い」と思い込んでいる女子は、その可愛さより面倒臭さをアピールしてしまっているかも。

年相応のファッションやヘアメイクをせずに若いコの真似ばかりしたり、わざとやっているのがミエミエの幼い口調で話したり、ケンカになれば泣いてごまかしたり……。

そんな幼い言動は「ちゃんと話ができない女」と本命候補から外される原因に。また「ラブリーアピールの激しい女って、職場の後輩とかいじめてそう(笑)」という男性の声も。

SNS中毒

どっぷりSNSにハマっている(ように見える)女子も、男性から見れば面倒くさい女のイメージに。

「何でも暴露されそう」というのがその真意のようです。

待ち合わせ場所でスマホに見入ってるくらいはまだいいですが、デート中でもおかまいなしに写真を撮ってはSNSに上げるとか、ガンガンSNSの通知がスマホに来ると「ハマってるなあ」と感じる男性が多いようです。

自分の生活のすべてをシェアしているように見えたり、ネット上のやたら濃い人間関係をかいま見せてしまうのは「影で何を言われているか分からないなあ」と思われる原因に。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます