マスクをするときには「メイクは、顔の上半分だけ!」という人も多いですよね。

そして、フルメイクの必要がなく、顔の上半分だけ整えればいいとなると「できるだけ、メイクは簡単に済ませたいな〜」と思う女性も多いようです。

そんなときに便利なのが、“BBクリーム”。UV対策もできるうえに、ナチュラルなベースメイクがかない、仮にマスクを外す場合も、すっぴん肌との境目が目立ちにくいことからも、この夏、再注目のコスメでもあります。

BBクリームは「塗るだけ」の手軽なアイテムとしても知られていますが、無造作に塗っただけでは、年齢なりの“残念”な印象になってしまうことも…。

そこで今回は、時短美容家の筆者が、30代・40代それぞれの年代別に、マスク着用時のBBクリームメイクで失敗しないためのポイントをお伝えします。

マスク着用時のBBクリームメイクで失敗しないポイント:30代編

「保湿力」と「ツヤ感」がキレイをつくるポイント!

30代女性がマスク顔メイクにBBクリームを選ぶなら、保湿力とツヤ感のある仕上がりが、美人見せのポイントに。

30代にありがちな肌の悩みには、シミやくすみ、クマなどが代表的ですが、40代に比べると深刻度は下がる傾向です。

そのため、保湿とツヤのダブル効果によって、くすんだ肌やクマなどのカバーは可能な人も多く、ナチュラルに仕上げつつも、カバーすべきところはフォローできるメイクがおすすめ。

多くのBBクリームには、ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が配合されているので、自分に合う保湿成分が入っているアイテムを選べば、肌トラブルも回避しやすいです。

また、外出中にはできるだけ顔に触れないほうがいいので、お直しの回数を減らせるよう、保湿力が持続するものを選ぶと安心でしょう。

30代 おすすめコスメ

・マナラ 「BBリキッドバー
・ケイト 「BBクリーム ウォーターインオイルBB

30代は「スポンジ」でベースメイクを仕上げる!

ツヤ感と保湿力を備えたBBクリームは、塗る際にムラができてしまうと、崩れやすいもの。

そこで、ベースメイクをする際には「スポンジ」を使って、ムラができにくいように塗っていくのが、キレイを持続するポイントに。

指で塗るのに比べ、メイクが肌に密着しやすく、均一に塗りやすいことから崩れにくく、見た目にもフレッシュな仕上がりが期待できます。

スポンジにBBクリームをとる際は、少量ずつに分けるのがムラにならないコツ。

さらに、マスクの下はBBクリームを塗らないのであれば、境い目はぼかすようにたたき込むといいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます