第一弾としてVR空間内で体験可能なクローズドβ版の提供開始

株式会社MESON(東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷健人、以下MESON)は、株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂DYホールディングス)と進めている共同研究の成果発表として、AR時代の自撮りコミュニケーションをコンセプトとした写真投稿・共有体験ができる「mirr(ミラー)」を開発、渋谷キャストの3Dスキャンデータを用いて構築したVR(仮想現実感)空間内で体験可能なクローズドβ版の提供を開始致しました。


mirr タイトルロゴ
「mirr」は、「ARグラス時代の自撮り体験の再定義」、「写真を介したAR空間内のコミュニケーション」をコンセプトとした写真投稿・共有体験です。AR空間にもう一人の自身を配置し、周囲に3DCGによるデコレーション素材を配してARグラスで写真撮影をすることで、個性豊かな写真を友人や家族にシェアすることが可能となります。街角のスナップ写真が現実空間に重ねられたAR空間上に蓄積していくことで、街が自分や友達とのフォトアルバムとなり、そこに時間を超越したコミュニケーションが生まれることを期待しています。




バーチャル空間上に再現された渋谷キャスト
空間にもうひとりの自分の写真を配置し、色とりどりのデコレーションで彩れる
デコレーションした自分を「自撮り」して友人や家族にシェアできる
街角のスナップ写真が現実空間に重ねられたAR空間上に蓄積していくことで、街が自分や友達とのフォトアルバムに

ARを核とした体験のプランニング・開発を行うMESONと博報堂DYホールディングスでは、仮想空間と現実空間がシームレスにつながる「サイバーフィジカル空間」における新たな体験・コミュニケーションに関する共同研究を進めており、今まで、「AR City」や「Spatial Message」の開発・展示を行っています。

「mirr(ミラー)」は、東急株式会社(以下、東急)が運営する渋谷キャストの3周年イベントにおけるデモ展示を目指し、AR(拡張現実感)技術や空間コンピューティング技術がより普及することで実現する次世代のコミュニケーションサービスの実証実験として開発を進めてまいりました。

しかし、新型コロナウィルスの影響によりイベントでのデモ展示は困難だと判断。今回、渋谷キャストを運営する東急株式会社と建築や都市のデジタル化を推進する株式会社gluon、渋谷キャストの空間設計にも携わっている建築デザイン事務所noizの協力のもと、渋谷キャストの3Dスキャンデータをご提供いただき、VR空間内に再現した”バーチャル渋谷キャスト”において「mirr」を体験いただけるクローズドβ版の公開が実現しました。

従来AR体験の開発には、実際のロケーションでテストすることが不可欠でした。しかし実際の渋谷キャストの正確な環境を取り込んだ3DデータをVR空間の構築・再現に用いることによって、今までは難しかったAR体験の遠隔開発や体験検証が可能となりました。この手法については、今回のような外出自粛要請がある時のみならず、遠方のため検証が難しい場合や、入場に時間規制があるロケーションにおけるAR体験検証にも有用な手法になると考えております。

今後も、都市や施設などの3D空間データを活用した新たな体験サービスの可用性研究に取り組んでまいります。


クローズドβ版の体験方法について

mirrクローズドβ版体験については体験者募集を行っております。お申込みは以下のURLからお願いいたします。尚、ARVR開発者・研究者など業界関係者様、学生、およびメディアのみなさまに限定させていただきます。また、応募者多数の場合には抽選を持ってご連絡をお戻しさせていただきます。
https://meson.typeform.com/to/e6gxBoBF

実証実験パートナーの募集

MESONおよび博報堂DYホールディングスでは、今後も様々な地域・施設等を利用した実証実験を考えており、賛同いただけるパートナーを募集しております。ARグラスが普及した時代のコミュニケーションや施設のデジタル活用の知見蓄積の機会をご提供致しますので、ご興味ございましたら是非ご連絡ください。
連絡先:info@meson.tokyo (担当:伊藤)

■株式会社博報堂DYホールディングスについて
株式会社博報堂DYホールディングスは東京に本社を置くマーケティングサービス企業です。2003年に株式会社博報堂(1895年設立)、株式会社大広(1944年設立)と株式会社読売広告社(1946年設立)が経営統合し、共同持ち株会社として発足いたしました。 現在は、博報堂DYホールディングス傘下に総合広告会社である「博報堂」、「大広」、「読売広告社」、次世代型デジタルエージェンシーである「アイレップ」、総合メディア事業会社である「博報堂DYメディアパートナーズ」、「D.A.コンソ-シアム」、戦略事業組織である「kyu」という、7つの異なるグループがあり、「博報堂DYグループ」としています。
https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

■東急株式会社について
東急株式会社では、「未来に向けた美しい生活環境の創造」を目標に、街づくりで培ってきたノウハウ・リソースを活かし、リアルとデジタルの融合による次世代に向けた街づくりにチャレンジしております。
https://www.tokyu.co.jp/

■渋谷キャストについて
「渋谷」「青山」「原宿」のまちが交わる結節点に位置し、シェアオフィス、カフェ、多目的スペース、広場、住居と、多様な機能を持った、クリエイティブなマインドを持った人たちが、くつろぎ、働き、住むことのできる複合施設です。
https://shibuyacast.jp/

■株式会社gluonについて
「建築・都市」「テクノロジー」「ビジネス」を軸に、領域を横断して新しい価値を生み出すコンサルティングのプラットフォーム。コンピューテーショナルデザインを取り入れた設計・制作を展開する豊田啓介、エンジニアリングを専門とする金田充弘、建築周辺分野の先端技術実装に豊富な実績を持つ堀川淳一郎、都市・アート・テクノロジーを掛け合わせた企画開発を行う瀬賀未久ら、それぞれの専門領域を繋ぎながら、ビジョン構築や技術実装に取り組んでいます。
https://gluon.tokyo

■株式会社noizについて
2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして設立。2016年に酒井康介を加えた3名パートナー体制で、東京と台北の二拠点からコンピューテーショナルな手法を駆使し、建築を軸にインスタレーションから都市まで幅広いジャンルで国際的に活動する建築・デザイン事務所。最新のデジタル技術を駆使した各種デザインや製作、システムの実装から教育、各種リサーチ&コンサルティング活動も積極的に展開します。
https://noizarchitects.com/

■株式会社MESONについて
MESONはARやVRなどの空間コンピューティング技術を用いて、人類の体験、そして可能性を拡張する企業です。通信、広告、アパレルなど様々な業種の企業とのパートナーシップを通して、AR/VRを社会実装するべく、サービスの研究開発を行っています。
https://www.meson.tokyo/

■これまでの共同研究の取り組み
・ARクリエイティブスタジオ事業を手がけるMESONが博報堂DYホールディングスと共同研究契約を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000032228.html

・日本初!MRグラス「NrealLight」の開発者キットを活用したARコミュニケーションサービスの共同研究開発を始動https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000032228.html

・「NrealLight」と「Magic Leap One」を用いたAR空間の共有体験を実現
MESONと博報堂DYホールディングスが「XR Kaigi」にて、MRグラスを用いたARクラウド体験デモを初展示
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000032228.html

■本件に関するお問い合わせ
株式会社MESON
Mail: info@meson.tokyo
Tel: 03-4400-1192
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます