マスクをつけているときには、まつげメイクやアイラインなどアイメイクの出来が、印象を左右する要素になりがちです。

マスクをしていると、どうしても不健康な印象にも傾きやすいので、アイメイクで健康的なイメージを出したいですよね。

時短美容家の並木まきが、30代・40代の年代別に、マスクをしている日のアイメイクで美人に見せるポイントを解説します。

30代のマスク×アイメイクは「清潔感」のあるナチュラルメイクで

30代女性がマスクをしている日に好印象を狙うなら、アイメイクのやりすぎはご法度。マスクがない、顔の上半分は清潔感のあるメイクを心がけるのが正解です。

ボリュームのありすぎるまつ毛や、太すぎるアイラインなどは、老け見えを招くだけでなく、古臭いメイクにも見えやすいため、避けたほうが安心でしょう。

そこで、マスカラやアイライン、アイシャドウは、ヘルシーな印象を狙えるアイテムが便利。メイクをするときに最優先にしたいのは「清潔感のある目もとづくり」です。

また、感染症対策として顔に触れる機会を減らすため、今は外出中のメイク直しを極力しないのが安心。落ちにくさが特長のコスメを選びましょう。

時短美容家が選ぶ!30代向け優秀コスメ

1: エテュセ アイエディション (マスカラベース)

くるんとしたカールを長時間キープするマスカラベース。

マスカラの前に仕込むだけで、お直しの頻度を減らせます。汗、皮脂、涙に強く、気温や湿度が高い日のメイク崩れを防ぎやすいメリットも。

2: UZU BY FLOWFUSHI  UZU アイオープニングライナー

ミーハー感が出ずにトレンド感だけを出しやすいカラーライナー。

アイライナーの色を変えると、アイシャドウとの組み合わせによって、無限にメイクの印象を変えられます。

すーっとした細いラインが描きやすいので、カラーラインを入れたメイクでも清潔感を損なわず、自然な仕上がりに見せやすいアイライナーです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます