亀梨和也(KAT-TUN)

亀梨和也(KAT-TUN)が7月21日、都内で行われた主演作『事故物件 恐い間取り』の完成報告イベントに出席した。

自身にとって、初めて主演を務めた本格ホラー映画。「この夏の皆さんのエンタメとして、自信をもってお届けできる作品」だと胸を張った。

テレビ出演と引き換えに、事故物件に住めと無茶ぶりされた売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)が、かつて殺人事件があったワケあり物件に入居し、奇怪な体験をする。

「事故物件住みます芸人」として、転々と事故物件に住む芸人・松原タニシの実体験を記したノンフィクションを映画化した。

劇中では亀梨が売れない芸人として“スベる”シーンもあり、「何をやっても(お客さんに)響かない。これはホラーだなと(笑)。ありがたいことに、今までの芸能生活でそういう経験はなかったので、ラッキーだったんだなと思った」と笑いを誘い、「頑張っているけど、空回っている感を追求した」と役作りを振り返った。

イベントには亀梨に加えて、共演する奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督(『スマホを落としただけなのに』)が出席。

主人公をそばで見守るヘアメイク担当を演じた奈緒は、撮影中、亀梨から焼き肉弁当の差し入れがあったと明かし「あのご恩は忘れません」と感謝しきり。

「親しみやすい空気を出してくださり、最初から緊張せずにお話できた」と話していた。

奈緒

一方、亀梨の“相方”役で共演した瀬戸は「お笑いコンビという役どころなのか、初めての共演という感じがしなかった」。

この発言に、初共演の亀梨も「そう、なんか不思議」と大いにうなずいた。

瀬戸康史

ただ、ふたりで披露したコントシーンは「カットされた」(瀬戸)そうで、中田監督は「完成度が高すぎて……。売れない芸人なのに、面白くなり過ぎて」とカットした理由を説明し、恐縮していた。

その中田監督といえば、Jホラーの旗手として数々の作品を手がけるが、「同じことを繰り返してはいけないと思い、新しい方向性を見つけたいなと。かなり挑戦的な、具体的にはアメリカンなテイストを目指した」と新境地に強い手応えを示していた。

『事故物件 恐い間取り』8月28日(金)公開

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます