『窮鼠はチーズの夢を見る』 ©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
フォトギャラリー『窮鼠はチーズの夢を見る』のメイキング写真をもっと見る
  • 『窮鼠はチーズの夢を見る』
  • 『窮鼠はチーズの夢を見る』
  • 『窮鼠はチーズの夢を見る』

9月11日(金)に公開される映画『窮鼠はチーズの夢を見る』のメイキング写真が公開された。

本作は、繊細な心理描写で読者から圧倒的な共感を呼ぶ水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を原作に、『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』など、様々な愛の形を写し取ってきた行定勲監督が実写映画化したラブストーリー。

受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた、主人公・大伴恭一が7年ぶりに再会した大学の後輩・今ヶ瀬渉から「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられ、戸惑いながらも少しずつ心を開いていく様を描く。

恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』に続き、単独主演を務める大倉忠義。恭一への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬を、『愛がなんだ』『カツベン!』などの成田凌が務めた。

公開日が近づく中、今回新たに公開されたのは撮影時のメイキング写真。大倉と成田が、行定監督とともに撮影に臨む真剣な表情を切り取っている。

二人のキャスティングの経緯について、行定監督は「恭一は、もともと脚本家が大倉くんをイメージして書いていたんです。

彼の人柄、雰囲気、クールに見えて笑顔がファニーという“わからなさ”が恭一に重なると。

成田くんはどの作品でもひとつひとつテイストが違う役者だという印象です。彼は脚本を読んで、恭一と今ヶ瀬、どちらの役でもいいからこの映画に参加したいと表明してくれました。

原作で、恭一の成長を表す大事なセリフがあるのですが、それを生かすためには恭一を若い設定にしては生きないと考え、成田くんには今ヶ瀬を演じてもらうことにしました」とコメント。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます