フォトギャラリー【画像】隅々まで清潔に!ダイソーの使える「掃除グッズ」

おうち時間が増える今こそ、普段見落としがちな場所まで掃除をしてみませんか?

ダイソーの掃除グッズには、窓のサッシや洗濯機の下など掃除しにくい場所でも便利に掃除できる掃除グッズがあります。今回は、ちょっと踏み込んだ場所の掃除を便利にしてくれるダイソーの商品を4つご紹介します。

1つの商品でさまざまな場所に使えるコスパの良い商品を厳選してますので、ぜひ参考にしてください!

ペットボトルプラス スリムブラシ

まず始めに紹介するのはペットボトルにつける「スリムブラシ」です。

窓のサッシをはじめ、ホースが届きにくい場所でも簡単に水を出して掃除ができる掃除グッズとして、注目を集めた商品です。

使用方法は水を入れたペットボトルに装着するだけです。

青いボタンを押した状態でペットボトルを傾けると、ブラシの隙間から水が出る仕組みになっています。

ペットボトルを強く押すと水が勢い良く出てしまうので注意が必要ですが、軽く持った状態で傾けただけではチョロっとしか出ないので安心です。

水を止めたいときは、赤いボタンを押せば止まります。必要以上に水を出さなくて良いので、辺りを濡らす心配がありません。

実際に窓のサッシとお風呂場の掃除に使用してみました!

窓のサッシ

家の中で掃除が全く行き届いていないサッシを発見しました。

カビがたくさんついていて汚いですね。ムシ暑い日が続きカビやすいので、一刻も早くなんとかしたいところです!

スリムブラシを使って掃除していきましょう。まずはサッシに水を流します。

水がある程度出たら水を止めてブラッシングします。

ブラシの幅が丁度サッシに収まるサイズなので動かしやすいです。ブラシを動かすだけでカビがさーっと取れて気持ち良いです!

必要以上にサッシを濡らすこともなかったので、最後の水の拭き取りも楽でした。

一瞬でここまでピカピカになりました。掃除前とは一目瞭然です。

雑巾では角に紐が引っかかったり、何度も絞りに行ったりと少し不便ですよね。しかしスリムブラシならスムーズに掃除ができるので、思い腰をあげる必要はありませんでした。

掃除が苦手な方でもサッと掃除に取り組めますよ!

お風呂の扉の隙間

窓のサッシだけではなく、お風呂の扉の隙間の掃除にも役立ちます。

お風呂はすぐに水が出せる場所ではありますが、シャワーを使うと脱衣所まで水が飛び散ってしまうので後処理が大変ですよね。スリムブラシなら水の量を調整できるので、脱衣所まで水を溢す心配はありません。

このような隙間掃除はスリムブラシがあれば楽々掃除できそうです!今後の隙間掃除には欠かせない掃除グッズとなりそうです。

隙間らくらくハンディワイパー

重たい家具を動かして掃除をするのは大変ですよね。しかし、家具の下には埃が溜まっている可能性が高いです。

家具の下までしっかり掃除できる便利な掃除グッズ「ハンディワイパー」をご紹介します。

家具を動かすことなく簡単に隙間掃除ができる優れものです!

シートはダイソーの「フローリングワイパー 取替シート ウェット」を追加で購入しました。

ハンディワイパーにも専用のシートがついていましたがシートが乾いていたので、個人的にはしっかり埃を取ってくれるウェットの取替シートの方が使いやすかったです。

ハンディワイパーにある6つの穴にシートを押し込んで装着します。シートの方が少し大きいので、先端まで包み込むようにして装着しました。

持った感じは凄く軽く柔らかいので、スペースが狭い場所や手を伸ばしにくい場所でも使いやすそうです!

今回は、動かしにくい家具の二大巨塔、冷蔵庫と洗濯機の下を、ハンディワイパーを使用して掃除してみました。

冷蔵庫の下

まず冷蔵庫の下を掃除します。

食材を保存している冷蔵庫はなるべく清潔な状態を保ちたいですよね。

冷蔵庫の中は掃除できていても、冷蔵庫の下まで掃除が行き届いていない方も多いのではないでしょうか。

私もどれくらい埃が溜まっているか気になってはいましたが、なかなか掃除ができていませんでした。

実際にハンディワイパーで掃除をしてみたところ、思っていたほど埃は多くなかったのでホッとしました。しかし、2粒ほどお米が落ちていました……。

注意していても細かい食材の切れ端が転がってしまうこともあると思います。放置していると虫が湧く原因にもなるので、今回掃除しておいて良かったです。

壁側までハンディワイパーが届いたので、しっかりと掃除できた実感がありました。

洗濯機の下

水回りの中でも洗濯機の下は最も掃除がしにくい場所ではないでしょうか。

掃除のために洗濯機を動かすのも大変ですよね。

洗濯機が置いてある脱衣所は、狭くて掃除がしづらいお家が多いと思います。しかし、ハンディワイパーが柔らかくしなってくれるので洗濯機の奥の方まで掃除することができました。

掃除にかかる手間もほとんどないので、動かしにくい家具の下を掃除する用に一つ持っておくとさまざまな場面で役立ちそうです!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます