合コンや飲み会、マッチングアプリなど、出会いの場で知り合った男性からデートに誘われたのに、「いい感じ」からなかなか進展しない。

こんな悩みを抱いている女性、少なくないのではないでしょうか。

今回は、実際に男性たちに聞いた意見をもとに、「いい感じ」から進展しない、なかなか告白されない女性に足りないものについてご紹介します。

なかなか告白されない女性に足りないものって?

1:デート後のお礼の連絡がない

「デート中にお礼を言ってくれてても、デート後に連絡がないと少し足踏みしてしまいますね。

お金を払っていても、払っていなくても、相手の時間を自分と過ごすためにあけてくれた、と思うので、自分はお礼の連絡をします。

付き合ったらなんでも当たり前、になってしまう女性なのかな? と感じてしまいますし」(32歳/企画)

「今日は楽しかった」「ありがとう」「ごちそうさまでした」など、お礼の言葉を言われるのは嬉しいものですよね。

特に男性はこういったストレートな言葉が嬉しい生き物です。

デート中にも言ったし、わざわざ連絡するのは面倒くさいと思ってしまうのもわかりますが、モテる女性は自然とこういったことをマメにしているものです。

細かい気遣いをしてくれる女性を嫌う男性はいません。

デートのお礼に付け加えて、「次は〇〇に行きたいね!」なんて言葉を添えることができたら満点です。

2:デート中の感情表現が乏しい

「デートしてても楽しさが伝わらない女性は、進展させていいのか迷いますね。

ただ暇できてくれてるのかな? と思っちゃうし。

やっぱり気持ちを伝えるからには、ある程度相手にも好意があるってわからないと無理なので」(27歳/IT関連)

気になる男性にデートに誘われて、緊張してしまう気持ちはわかります。

しかし、こういうことをしたら駆け引きになるかも、などと余計な気を回してしまい、肝心の楽しむ気持ちを忘れてしまっては本末転倒。

男性は女性がデートを楽しんでいるかどうか、よく見ていますので、それがあまり伝わらないと、「もう誘わない方がいいかな?」と思ってしまうことも。

もしもお付き合いすることになったら、いつかは素のあなたを見せることになりますよね?

いろいろ考えすぎても、いつかは見えるものなら少し力を抜いて、デートを楽しむことを優先しましょう。

自分では楽しんでいるつもりなのに……という女性は、勇気を出して「楽しいね!」と言葉で伝えてみてはいかがでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます