2020年9月16日(水)『Begin11月号』

9月16日(水)発売の『Begin11月号』は、「お洒落マスク研究所」と題して、マスクにまつわる10の悩みを解決して、マスク生活をもっと楽しくお洒落にするアイテムを紹介します。





新型コロナウイルスの影響で、もはやマスクは日常生活で手放せないアイテムになりました。今後もしばらくの間はマスク着用が必須の場面が続くと予想されます。息苦しいし、無個性なマスク。どうせ着けなきゃいけないなら、楽しんで着けられるマスクのほうが気分も上がります。
そこでBeginでは快適でお洒落なマスクを徹底的に研究しました。この特集では「お洒落マスク研究所」と題して、マスクあるあるな10のお悩みを解決しつつ、どストライクなお洒落マスクを紹介します。




【悩み】いくら洒落込んだって不織布マスクじゃキマらない……



解決:キャッチィな名作マスクなら、コーディネートの絶好のスパイスになる!


いくらコーディネートに気を遣ったところで、不織布のザ・無個性マスクじゃどうにもキマらないし、気分も上がらない……。カッコいいマスクが欲しい! そんな煩悩に応えるファッションマスク、ここにあります。米国の老舗ブランド、ラルフローレンとペンドルトンの、万人に愛される名作を彷彿させるこれらのマスクは、着けるだけで主役級のインパクト! 柄マスクも、名門の名柄なら気恥ずかしくなく着けられます。



【悩み】ビジネスシーンにぴったりのマスクないの?



解決:スーツスタイルに馴染むテーラーマスクがちょうどイイ!

日常生活でマスクの着用機会がもっとも多いビジネスシーン。そこで気になるのがスーツに合うマスクですが、同素材で統一感を出すとスマートに。とりわけユナイテッドアローズのマスクはスーツに使われる梳毛素材を採用し、その馴染みのよさは段違い! こうした“テーラーマスク”はウィズコロナ時代におけるビジネスの必需品となるでしょう。



【悩み】アクティブシーンにぴったりのマスクないの?



解決:息苦しくならないジッパーマスクがちょうどイイ!

今やランニングやジムでも飛沫を抑えるマスクは必須。とはいえ、息苦しさと蒸れでゼイゼイ……(汗)。そんな悩みを解消するのがカジグループの“ジッパーマスク”です。肝はフロントに設けられたジップ開閉式のベンチレーション。密な場所では閉じて、一人のときは適度にオープンして呼吸楽チン、てな使い方が可能なんです。


【悩み】マスクの置き場に困る



解決:
・抗菌レザーケースに「しまいマスク」がスマートかつクリーンだ
・タフな米国製ロープに「ぶら下げマスク」がスタイリッシュかつイージーだ


食事やドリンクを飲む際に困るのが、マスクの置き場所。そのへんに置くのは不衛生だし、見た目の清潔感もイマイチ。そこで役立つのが、この2つのアイテム。内側に抗菌ナイロンをあしらったレザー製のマスクケースは、上品な印象のうえ衛生面もクリア。一方の首にぶら下げられるマスクホルダーは、スタイリングのアクセントにもなる優れモノです。


<目次・特集>
■今どきの"欲しい!"大全集
■マンガで学ぶ オールデン買いたい新書
■スウェット一筋21年! ループウィラーの1周回って知らない話
■マスクにまつわる10の悩みを解決 お洒落マスク研究所
■その発想に驚き&感動! ヤラれちゃったから買います。……Buy返しだ!



<発行概要>
『Begin 11月号』
■発行:Begin
■発行・発売:世界文化社
■発売日:2020年9月16日(水)
■特別定価 :710円(税込)
■公式HP:https://www.e-begin.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます