全体導入社数の伸びは前年比1200%となりシェアを拡大し続けています

株式会社PopSicle(本社:横浜市旭区、代表取締役社長:押川 仁哉)が提供するアマゾン販売事業者向け保険型サービス「SellerSket(セラースケット)」は、導入事業者の売上拡大を目的とし、24時間365日相場価格に自動追従する価格調整機能をリリースしました。



■セラースケットとは?
当社は2019年から、ブランドやメーカーの保有している知的財産権の情報や贋物流通の情報などをアマゾン販売事業者間で情報共有が出来る場所としてSellerSket(セラースケット)の運営を開始し、会員数は前年同月比1200%と驚異的なスピードで拡大しております。
※経済的価値を対価とするリスク情報取得、DB登録及び記憶、WEB・アプリケーションにおける出品リスクの開示プロセス等に関する特許出願済

今回リリースされた新機能『セラースケット価格改定』は、アマゾン販売事業者の売り上げに直結するカートボックスの取得率UPのために24時間365日、完全自動で競合価格を追従して売上拡大をサポート致します。


■セラースケット価格改定の機能(https://sellersket-price.com/)
わずか500円で全機能が制限なく利用することができ、月額料金を抑え、大幅な売上拡大を期待できます。
長期的なサポートが実現できるように利益の集計はもちろん、キャッシュフロー、出品リスクの集計、回転率など独自機能も提供しております。
なお、入会後20日間は無料トライアル期間を設けております。


24時間自動価格変更機能(5パターン)
商品登録機能(個別/CSV対応)
納品プラン作成機能
商品/梱包ラベル印刷機能
アカウント停止に繋がる危険商品の検知機能
売上分析機能
キャッシュフロー管理機能
FBA回転率早見表
購入者へ御礼のメール自動配信機能




(24時間365日、自動価格変更やリスクを管理)



(納品時に商品ラベルに画像も印字され、貼り間違い防止や納品効率化も重視した設計)

■月額500円という破格な値段で提供する理由
価格改定機能における他社提供相場は月額5000円~6000円です。
セラースケットが相場の10分の1以下で価格改定機能を提供する理由は、より多くのアマゾン出品者にセラースケットを使ってもらい、サイト内の情報共有を強化することが目的です。
会員数増加により、真贋調査・知的財産権侵害・メーカー取締りなどのアカウントリスク情報の流動性が高まり、アカウント停止予防機能のアップデートへ直結します。つまり会員数増加に伴い、会員様のコストパフォーマンスが高まる好循環が創出されます。

特に月商1000万円以下のユーザー様は大変コスパ良くご活用出来ます。

価格改定にフォーカスすると、他社からお乗り換えいただくことで年間約54000円のランニングコスト節約に繋がり、浮いた月額料金は、出品者の更なる成長へ使って欲しいと願っております。

■セラースケット価格改定の導入までの簡単ステップ


【既に会員登録している方】
ステップ1. 価格改定機能を導入(https://sellersket-price.com/)
ステップ2. ご利用開始

【新規でご登録を行う方】
ステップ1. セラースケットにご登録(https://sellersket.com/)
ステップ2. 価格改定機能を導入(https://sellersket-price.com/)
ステップ3. ご利用開始




セラースケットでは、出品用アカウントの保全、仕入れアプリ、独自プラグイン(拡張機能)、価格改定機能まで、アマゾン販売事業者に必要な機能が全て利用できます。
また、2020年6月に元アマゾンジャパン経営幹部を歴任した星氏が社外取締役として参画し、サービスを監修しており、徹底的な顧客目線で開発を進めております。なお、セラースケットはアマゾンが要求するセキュリティコンプライアンス審査と公式アプリストアを合格しており、会員様から高い信頼と支持を得ております。

■特許の概要
【発明の名称】出品リスク管理装置、方法及びシステム
【特許権者】 株式会社Pop Sicle
【出願番号】 特願2020-171933

■株式会社PopSicleについて
所在地:〒241-0024 神奈川県横浜市旭区本村町94-8-1F
代表者:代表取締役 押川仁哉
設立日:2018年5月1日
事業内容:世界初の月額定額制アカウント保険型サービス『SellerSket(セラースケット)』の開発・運営
URL: https://www.popsicle-inc.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます