年末の大掃除の季節。例年はキッチンの細かなところまでは、なかなか手が回らず、こびりついた油汚れを落として終わりという方が多いのではないでしょうか?

しかし、タンスの肥やしになっている服を整理したり、読まなくなった本を処分したりするのと同じように、キッチンも片付けてみてはいかがでしょう。

そんなわけで今回は、整理収納アドバイザーの下村さなみさんが推奨する、キッチンの全出し片付けをご紹介します。きっと、新たな気分で新年が迎えられますよ。

キッチンの中にあるものを全部出してみる

まず、キッチンの棚や食器棚、引き出しの中にあるものをすべて出します。といっても、これらを広げるとなると、莫大な場所が必要になります。

ダイニングテーブルだけでなく、リビング全体になってしまうことを覚悟してください。

数回使ってみたが、口に合わずに放置したままの調味料。気づかないうちに、賞味期限の切れた食材やレトルト商品。期限の切れた非常食。便利だと思って買ったのに、さほどでもなかった調理器具。重複して購入してしまった調理器具。

数年間にわたり使わず、来客があっても使用しない食器。どこにいったか、わからなくなっていた調理器具。

キッチンから出していく過程の中で、忘れていたものが多く見つかるはずです。

全部出したら、まずキッチン自体をピカピカに!

キッチンの中身を全部出したら、よい機会なので、隅々まできれいに掃除しましょう。通常は、調理器具や食材がぎっしりと置いてあるため、洗剤を思ったように使えず、十分な掃除ができなかったはずです。

用品を再度収納してしまってからでは、あとの祭りなので、この時に心置きなくやっておいてください。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます