毎日新聞社(代表取締役:丸山昌宏)は、核兵器の開発や使用を禁じる「核兵器禁止条約」が1月22日に発効する機会をとらえ、自身の体験や活動などをもとに著名人に思いを語ってもらう連載企画「核兵器禁止条約発効 私の思い」を13日朝刊からスタートさせました。初回は長崎で被爆した歌手の美輪明宏さんです。ご期待ください。



■掲載紙は、毎日新聞社の紹介ページ:https://www.mainichi.co.jp/から購読をお申し込みいただくか、お近くの毎日新聞販売店、コンビニなどでもお求めになれます


<登場予定の方々>


美輪明宏さん 歌手。長崎で被爆 
美甘章子さん 被爆2世の臨床心理医。著書「8時15分」が映画に 
庭田杏珠さん 広島出身の大学生。AIで戦前の写真のカラー化
小泉崇さん  元外交官。広島平和文化センター理事長
大川史織さん ドキュメンタリー映画監督
石田純一さん タレント。母が被爆。
片渕須直さん 映画監督。映画「この世界の片隅に」を監督
仲代達矢さん 俳優。条約に対する日本の姿勢に苦言 
クミコさん  歌手。折り鶴のサダコを歌った曲「INORI」で紅白歌合戦出場


<取材班の思い>
核兵器禁止条約の発効にあわせて、たくさんの人に平和や核について改めて考えてもらえるような記事を出せないか――。日ごろから平和報道に携わる記者からそんな声が上がったのが今回の企画に取り組んだきっかけです。広く知られている歌手や俳優をはじめ、さまざまな分野で活躍する方々の思いに触れて、ともに平和を見つめる機会になればと願っています。

■毎日新聞の購読申し込みはこちら
https://form.mainichi.co.jp/annuncio/koudoku/form.html
■デジタル毎日の会員登録はこちら
https://mainichi.jp/info/plan/

■本件に関するお問い合わせ
毎日新聞社D.クリエーションセンター
mai-dcc@mainichi.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます