2021年4月2日からテレビ東京ほかにて放送開始のアニメ「灼熱カバディ」ですが、追加キャストが解禁となります。

関東ベスト4の強豪校、奏和高校カバディ部部長の六弦歩を安元洋貴、エースの高谷煉を鈴村健一が担当。そのほか八代拓内田修一柳田淳一らも奏和高校カバディ部キャラクターを担当いたします。

ぜひ貴社媒体にてご紹介いただければと思います。
よろしくお願いいたします。


【追加キャスト解禁!】
安元洋貴、鈴村健一、八代拓、内田修一、柳田淳一らが奏和高校カバディ部キャラクターを担当!



六弦 歩(CV.安元洋貴)
関東ベスト4の強豪校である奏和高校の三年生で、カバディ部の部長を務めている。フィジカル、テクニック共に突出したものを持つ守備(アンティ)で、
中学生の頃から王城とは良き友でありライバルでもある。


▼安元洋貴さんコメント
どんなスポーツにも、「熱」ってもんはあると思うんです。もちろんカバディにもあるとは思ってました。しかし、ここまで…ここまで熱いとは。
演者も皆ギンギンに熱く演じております。テレビの前で皆さんもギンギンになってください。



高谷 煉(CV.鈴村健一)
奏和高校2年生。カバディ部のエース攻撃手(レイダー)。自由奔放な言動で周囲を困らせてばかりだが、リーチとスピード、そして異常な攻撃継続時間はチームでも随一。中学生の頃に水泳で全国優勝した経験を持つ。


▼鈴村健一さんコメント
みんな知っているけど、どんなスポーツなのかは知らないカバディ!原作を読めば読むほど凄いスポーツだと感じてます。漫画やアニメには世の中にいろんなスポーツを浸透させてきた歴史があります。この作品でカバディ熱を皆さんに伝えられるように頑張ります!



木崎新太郎(CV.八代 拓)
奏和高校3年生。ヘアバンドを集めるのが趣味で、試合中によく着けている。
後輩ながら傍若無人な高谷にはよく突っかかっている。


▼八代拓さんコメント
この度、木崎新太郎役で出演させていただきます八代拓です。
この作品はカバディというスポーツ同様、心と体のぶつかり合いが本当に熱く魅力的ですので、
是非皆さまにも楽しんで観ていただけたら嬉しいです!




栄倉 祐(CV.内田修一)
奏和高校2年生。冷静な性格で、ピンチでも落ち着いて対応できる。
よく高谷と3年生の間で板挟みになっている。


▼内田修一さんコメント
灼熱カバディは毎週先読みで読んでいた大好きな作品だったので、お話を頂いた時は凄く嬉しかったです!
栄倉は一見冷静で大人しく見えますが、プライドよりもチームを優先出来る熱い男です。僕もその熱さに負けないよう精一杯頑張ります!




室屋大助(CV.柳田淳一)
奏和高校2年生。身長180cmの大柄な身体と、分厚めな唇が特徴的。


▼柳田淳一さんコメント
奏和高校2年、室屋大助役の柳田淳一です。
ライバルとして、能京高校にガッツリプレッシャーをかけて行きたいと思います!
熱い試合をしていますので、放送を期待して待っていてくださいね!!


【作品情報】
<放送情報>
テレビ東京:4月2日(金)スタート 毎週金曜深夜1時23分~
テレビ大阪:4月2日(金)スタート 毎週金曜深夜2時10分~
テレビ愛知:4月2日(金)スタート 毎週金曜深夜2時05分~
AT-X :4月4日(日)スタート 毎週日曜夜10時30分~

(リピート放送:毎週(金)朝4時30分~/毎週(日)朝7時30分~)
※放送日時は都合により変更になる可能性がございます。

<イントロダクション>
宵越竜哉は『不倒の宵越』と呼ばれるサッカーの名選手だったが、
高校入学を機にスポーツと縁を切ってしまう。
そんな彼の元へ、とある運動部が勧誘にやってくる。
その競技は、 仲間と協力し縄張りに侵入する敵を捕らえ 、引きずり倒す事で勝利へと繋げる…
言うなれば『走る格闘技』。
競技の名は……カバディ!!

<スタッフ>
原作:武蔵野創(小学館「マンガワン」連載中)/監督:市川量也/キャラクターデザイン:高田真理/音響監督:はたしょう二/シリーズ構成:柿原優子/脚本:柿原優子・後藤みどり/音楽:伊藤賢/アニメーション制作協力:ドメリカ/アニメーション制作:トムス・エンタテインメント/製作:灼熱カバディ製作委員会

<キャスト>
宵越竜哉:内田雄馬 王城正人:岡本信彦 畦道相馬:佐藤元
井浦慶:古川慎 水澄京平:鈴木達央 伊達真司:武内駿輔
伴伸賢:神尾晋一郎 関隆太:駒田航 人見祐希:村瀬歩
六弦歩:安元洋貴 高谷煉:鈴村健一

<公式HP>http://ani.tv/kabaddi/
<公式Twitter>@kabaddi_anime


権利表記:(C)2020武蔵野創・小学館/灼熱カバディ製作委員会
※画像を使用される際は必ず権利表記をご記載お願い致します※
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ