東芝のBDレコーダー「DBR-T360/T350」「DBR-Z320/Z310」、アイコンを選ぶだけの簡単・快適操作

2012.11.5 16:35配信
DBR-T360

東芝は、アイコン表示で使いたい機能をすぐに探すことができるなど、快適に操作できるブルーレイディスク(BD)レコーダー「DBR-T360/T350」「DBR-Z320/Z310」を、11月9日に発売する。

HDD容量2TBの「DBR-T360」と1TBの「DBR-T350」は、地上・BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基搭載し、3番組同時録画に対応。HDD容量1TBの「DBR-Z320」と500GBの「DBR-Z310」はダブルチューナーで、2番組同時録画に対応する。

使いやすいシンプルなリモコンを採用。「スタートメニュー」を押すと画面に現れる「見る」「録る」などのアイコンのなかから、やりたいことを選んで簡単に操作することができる。また「HDD」「DISC」「USB」のボタンから、それぞれのメディアにダイレクトにアクセスできる。

「映画」や「スポーツ」など、ジャンルを事前に選択しておくだけで、好みのジャンルの番組をまるごと録画する「おまかせ自動録画」機能を搭載。ジャンルは最大8件登録することができる。記録先は、内蔵HDDまたは市販の外付けHDD。

録画番組や視聴している番組を、対応のタブレット端末やスマートフォン、PCに転送・配信し、好きな場所で見ることができる「レグザリンク・シェア」に対応する。突起部を含むサイズは、「DBR-T360/T350」が幅430×高さ51×奥行き209mm、「DBR-Z320/Z310」が幅430×高さ51×奥行き210mm。

価格はオープンで、実勢価格は「DBR-T360」が11万円前後、「DBR-T350」が9万円前後、「DBR-Z320」が7万5000円前後、「DBR-Z310」が6万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング