夫婦の「金銭感覚のズレ」は、離婚にも発展すると言われているほど大切なものです。

夫にとっては必要であり有効な使い方をしていると思っていることが、妻から見ればそれは無駄であり、イラっとすることもあるものです。また、逆に妻のお金の使い方にイラっとしている夫も少なくありません。

無駄か無駄でないかは、人の価値観にもよりますし、各家庭の考え方にもよりますから一概に「これは無駄です」と断言できるものはありませんが、日頃夫は妻の何を無駄だと思い、妻は夫の何が無駄だと思っているのでしょうか。アンケート結果を元にその内容をお伝えします。

また、妻たちは夫へのイライラを解消するためにどう対処しているのでしょうか、妻たちに聞いてみました。

夫は妻の「○○の仕方」、妻は夫の「趣味や飲み代」が不満?

では具体的にどれくらいの人が配偶者のお金の使い方に不満を持っているのでしょうか。

SUUMOジャーナルは、「夫婦の暮らし方に関するアンケート」の中で全国20~69歳の男女300人を対象に、配偶者のお金の使い方について聞いた結果、2人に1人が不満を抱えていることが分かりました。

そして、不満に思っている人に対し、どんなことが不満なのかについて聞いた結果は下記の通りです。

配偶者のお金の使い方に関して、イライラすることはありますか?

・よくある 12.0%
・ときどきある 15.7%
・たまにある 20.3%

SUUMOジャーナル「夫婦の暮らし方に関するアンケート」

どんなことにイライラしていますか?

<夫>

・必要以上の買い物をする(37歳)
・子どもの物を、何でも良い物を買い与え過ぎる(40歳)
・節約の意識が足りない(42歳)
・無駄遣いが多い(47歳)
・着ない服や靴がたくさんあると思う(56歳)

<妻>

・飲み会が多く、貯金があまりできない(27歳)
・お金のことになると細かい(30歳)
・スーパーなら安いのに、コンビニでジュースやお菓子やカップ麺を買ってくる(30歳)
・フィギュアなどを大量に買っている(42歳)
・ゴルフにお金を使いすぎる(45歳)

SUUMOジャーナル「夫婦の暮らし方に関するアンケート」

夫のお金の使い方に対し妻が無駄だと思っていることは予想通り「趣味や飲み代」です。

夫の趣味が競馬やパチンコであればそれは無駄としか思えないのは分かる気がしますし、飲み会があまりにも頻繁であれば、そんなに必要なものかと不満を抱いても仕方ありません。

また女性は家計のために日頃から1円でも安いスーパーやディスカウントストアに行って買う意識が高いため、「同じものでも高いお店で買う」という意見に共感する妻は多いですね。

しかし夫は、安いスーパーへ行くことに時間を使うよりも、近くのコンビニで済ませ、少しでも早く帰り家族とのコミュニケーションが取れればその方が有意義だと思っているかもしれませんし、少しでも早く帰り体を休めた方が仕事への影響も少ないと感じているのかもしれません。

そして、妻のお金の使い方に対し夫が抱えている不満は「必要以上に買い物をする」や「節約の意識が足りない」「無駄遣いが多い」という「買い物の仕方」に対してが多数でした。

少しでも安く買うために日々頑張っているつもりでも、頻繁に買ったり、大量に買ったりしていては、無駄だと思われても仕方ありません。

「着ない服や靴がたくさんあると思う」という夫の意見にも代表されるように、女性は洋服や靴が大好きで、同じようなものを何度でも買い、買って満足してそのまま放置ということは少なくありませんから、注意したいですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます