これは一時の恋なのか、それともキチンとしたお付き合いなのか。そんな悩みを抱える女子は少なくないでしょう。

今回は何千組ものカップルを見てきた焼酎バーの元店長・コマツマヨさんに、男子が本命彼女にはとらない“脈なし女子にだけとっていた行動”をうかがいました。

お酒の席だからこそポロっと出てしまう、彼のホンネの行動を見逃さないで!

電話はスルー、LINEで対応

お酒が入っているときは、好きな人の声が聞きたくなる。それは女子だけでなく、男子も同じのよう。

コマツさんによれば「本命女子からの電話には、飲んでいても電話に出ますよね。しかも嬉しそうに」とのこと。

逆にセカンド女子から電話があった場合は、とらずにLINEで「今、○○で飲んでるんだ」と返す男子がほとんどだとか!

自身の立ち位置をハッキリさせたい勇気がある方は、彼が飲みに行っているタイミングで電話してみるといいかもしれません。

会うのは“言い訳が出来るタイミング”のみ

「夜しか遊ばなかったり、仕事後しか会わなかったりするのは、セカンド女子の証ですよね。やっぱり」と、コマツさん。

じゃあ、土日に泊まりで会えている私は違うんじゃ……と思っている方も、油断してはいけません。

コマツさんによれば「男子的に言い訳ができるタイミングで誘われているかもしれないです。その場合、あなたはセカンド女子の可能性があります」とのこと。

「仕事だった」「先輩と一緒に……」「朝まで飲んでてさー」などと言って違和感のない職業や交友関係を持っているかもしれないのです。

また、タイミングだけでなく、デート場所を固定している場合も同じ理由で危険!

「友達といるところに、もし来られたらどうしようってなるから、タイミングや場所を固定しているのかもしれませんよ」と、コマツさん。

彼との将来を真剣に考えているのであれば、いつもと違うタイミングや場所でデートしたいと提案してみてくださいね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます