阿部サダヲが『八犬伝』で観客を“ザワッ”とさせる

2012.11.16 10:38配信
阿部サダヲ 阿部サダヲ

江戸時代後期、滝沢馬琴が28年の歳月をかけて完成させた、長編伝奇小説『里見八犬伝』。この大作が青木豪脚本、河原雅彦演出により舞台化、来年3月の東京・シアターコクーンを皮切りに、大阪、愛知でも上演される。そこで八犬士の一人・犬塚信乃を演じる阿部サダヲに、本作にかける思いを訊いた。

『八犬伝』公演情報詳細

今回の脚本を初めて読んだ時、「やったことがあるんじゃないかっていうくらい、読みやすかった(笑)」と明かす阿部。確かに登場シーンのセリフ回しからして、いかにも阿部らしい、破天荒でコミカルな信乃の姿が目に浮かぶ。「青木さんとは初めてですが、僕のことをすごくよく知ってくれている感じ。『これが言いたいんでしょ?』みたいなセリフも多くて(笑)」。

だが信乃と言えば、八犬士のなかでもヒーロー的な役割を担うキャラクター。阿部本人は、今回の信乃役をどう捉えているのだろうか。「純粋な奴だと思うんですよね。信乃が戦隊もので言う“赤レンジャー”になるのではなく、ほかのみんながそれぞれの色に染まっていればいいのかなと。逆に僕だけが染まっていないというか。八犬士のなかでひとつ柱になるような、ブレない人ではいたいですね」。

共演者には瀬戸康史や田辺誠一など、これまでありそうでなかった組み合わせの面々。そこには妙な不安定感があり、逆にそれが本作の魅力にも繋がっている。「なんか得体の知れなさがありますよね。僕の信乃はイメージしやすいですが、逆にほかの方はイメージし難い。近藤(公園)くんとこういう役で絡むこともそうないですし、また田辺さんが意外なボールを投げて来る人ですから(笑)。そこでお客さんがどんな期待をして来るのか。不安でもあり、楽しみでもあります」。

中でも阿部が楽しみにしているのが、時代ものならではの殺陣シーン。「すごく好きなんですよね。客席で観ていても、迫力のある殺陣があると“ザワッ”とするじゃないですか。そういうのを今回も感じて欲しいし、感じさせたいです」。

これまで数々の作品で題材となってきた『八犬伝』。なかでも阿部の印象に残っているのが、深作欣二監督の映画『里見八犬伝』だと言う。「だから同じ『八犬伝』でも、いろんなやり方があるんだなって思いましたね。特に今回は、すごくスピード感がありますし。それを河原さんが、さらにどうおもしろくするのか。きっと入りやすいものになると思いますので、あまり時代ものだと意識せず観に来て欲しいなと思います」。

『八犬伝』は、3月8日(金)から31日(日)まで東京・シアターコクーン、4月4日(木)から10日(水)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、4月13日(土)から14日(日)まで愛知・刈谷市総合文化センター アイリスにて上演。チケットは、12月15日(土)より一般発売される。なお、チケットぴあではインターネット先行抽選も実施。大阪公演は11月19日(月)11:00まで先行受付中。東京公演は11月19日(月)11:00より先行受付スタート。

取材・文:野上瑠美子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング