炎のヒーロー“ゴーストライダー”が愛宕神社でヒット&火の用心祈願!

2012.11.19 16:26配信
愛宕神社でヒット&火の用心を祈願した本作の配給・宣伝スタッフとライダーの面々

地獄の炎に包まれたヘルバイクに乗り、悪と戦うダークヒーローの活躍を描く『ゴーストライダー2』のヒット祈願イベントが19日、東京・港区の愛宕神社で行われ、本作の配給・宣伝スタッフ、さらにドクロヘルメットをかぶったライダーの面々が参加した。

その他の写真

本作は、マーベルコミックの人気キャラクターを描いた『ゴーストライダー』(2007年公開)の続編。父親を死から救うために悪魔と契約した主人公ジョニー・ブレイズは、自身の中に巣食う悪魔=ゴーストライダーに苦しめられる。そんな彼のもとに「運命を背負った少年を救えば、呪いが解ける」という吉報が届くが…。「このキャラクターを愛してやまない」と語るニコラス・ケイジが主演を続投し、『アドレナリン』や『GAMER』などスタイリッシュなアクション演出に定評のあるマーク・ネヴェルダイン氏とブライアン・テイラー氏が監督を務める。

ヒット祈願の場所として選ばれた愛宕神社は、23区内で自然の地形としては一番高い標高26メートルの愛宕山山頂にあり、「駆け上がれば出世する」長い石段で知られる。それだけに映画界の頂点を極めたい本作のヒットを祈願するには、うってつけの場所。さらに火の神・火産霊命(ほむすびのみこと)を祭っており、公開日まで「燃える、燃える」と連呼しなければいけない宣伝チームにとっては、「とはいえ火に対し、無神経になってはいけない」という自戒の念を胸に刻む目的もあったという。約15分間のお祓いを受けた関係者は、一同神妙な面持ちでヒット&火の用心を祈願していた。

『ゴーストライダー2』

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング