大好きな彼を自宅に招いたシーンで、部屋のちょっとしたことで「うわぁ……」なんてドン引かれていたらイヤですよね。

「気になるけど、本人には言えない」の典型が、“部屋のニオイ”。

「なんだよ、このニオイは……」と思っている男子でも、なかなか面と向かって彼女に「ニオうよ」とは言いにくいものです。

そこで筆者は、「彼女の家でうわーっとなったニオイってある?」と男子たちに聞いてみました!

ひょっとして、あなたの彼も口にはしなくともこんなニオイを気にしているかも……。

1. バスタオルのニオイ

おうちデートで「必ず」と言っていいほど使うアイテムが“バスタオル”。

洗濯した日の天気や洗濯機の状況、使っている洗剤によってもニオイが異なるから「その家ならでは」のニオイが染み込みやすいアイテムでもあります。

そんなバスタオルには「1回でも生臭いともう無理!」(20代)

「ツーンとした防腐剤(?)のようなニオイがして、オエってなったことがあります」(20代)

などの赤裸々な声が集まりました。

バスタオルは顔を拭くときに、かなりニオっちゃいますからね。

苦手なニオイを嗅いでしまった瞬間、「この子とはちょっと難しいかもな」なんて思ってしまうのも男子の心理なのです。

2. クローゼットを開けた時のニオイ

洋服を収納しているクローゼットも、扉を開けたときにフワッと香る独特のニオイがあります。

「前、少しだけ付き合った女子のクローゼットは酷かったです。

モワ〜っと不快なニオイが漂ってきて、古い汗のような体臭が凝縮されたような香りがして(笑)。かなりキツかったですね」(30代)

という男子も……。

ニオイのせいで別れたわけではないそうですが「かなりのイメージダウンでした」(本人談)とのこと。

自分のニオイって本人は慣れてしまうだけに、盲点のひとつかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます