天国の母へささげる。市村正親『屋根の上のヴァイオリン弾き』を再演

2012.12.5 15:58配信
左から、吉川友、鳳蘭、市村正親、水夏希、大塚千弘 左から、吉川友、鳳蘭、市村正親、水夏希、大塚千弘

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』の製作発表が12月4日、都内で行われ、主演の市村正親、共演の鳳蘭、水夏希、大塚千弘、吉川友らが会見に登場した。

『屋根の上のヴァイオリン弾き』公演情報

ロシアの寒村で酪農を営むユダヤ人家族、テヴィエとその妻、5人の娘たちを描く感動の物語。ブロードウェイ・ミュージカルの名作で、日本では1967年の初演以来、上演回数1300回を超えるヒット作だ。この舞台で市村は2004年から主演をつとめてきた。

市村は「今度で4演目。またやらせていただけるとは、役者冥利につきる。再演することで役を掘り下げてゆけたら」と挨拶。2009年の再演に続いて妻役をつとめる鳳蘭に「前にも増してかかあ天下でいこうかなと思ってます。変わらず上からいかせてもらいます」と“挑発”されると、「何言ってんだい、このやろう」と受け、会場の笑いを誘った。

ふたりは「娘たちが新しいものを求めて外に出て行こうとするという話の中に、人間ドラマが詰まっている。これほど楽しくて、演じがいのあるミュージカルはない。生きててよかったなと思わせてくれる作品です」(市村)、「ドラマがすばらしい上に、曲が詞の中にしみいってくる。ドラマも曲も全部が10点満点」(鳳)と舞台をアピールした。

最後に、舞台を誰に一番見てもらいたいかと問われて市村は「一番見せたかったのは、今年亡くなった母だし、芸の母である山田五十鈴のおっかさん、“日本のお母さん”でもある森光子さん。お三方に天国の桟敷席から見守ってもらえたら」としみじみと語った。

公演は、2013年3月5日(火)から東京・日生劇場、4月10日(水)から大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて。チケットぴあではチケットのインターネット先行を実施中。東京公演は12月7日(金)18:00まで、大阪公演は12月13日(木)11:00まで受付。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング