ぶるっと寒さを感じる日も増えてきました。そろそろ肌の乾燥が気になってきた方もおられるのではないでしょうか?

「保湿しなくちゃ!」と、お風呂上がりや夜のケアに力を入れ始める方も多いはず。

ですが、夜のケアだけではなかなか1日中、うるおいのある肌を保つのは難しいのが秋冬です。

そこで、コスメコンシェルジュの古賀令奈さんに、秋冬に実践したい、うるおい肌がキープできる夜と朝のスキンケアと、おすすめのアイテムを教えていただきました。

お風呂上がりや夜のスキンケアのポイント

“落とさない”と“スピード”が大事!

やはり1日中うるおい肌を持続させるためにも、しっかりとお風呂上がりや夜にケアをしておく必要があります。でないと、昼〜夕方にパリパリ肌に…なんてことも。

実はクレンジングが鍵!?

「乾燥が気になる場合は、クレンジングを見直してください」と、古賀さん。なんと、夜に限らず乾燥の原因はクレンジングに潜んでいる可能性が割と高いのだとか!

洗浄力の高い“オイルクレンジング”を使っている方は多いと思いますが、実は必要以上に皮脂も落としてしまう可能性があるのです。

肌の乾燥が気になりだしたら、まずはクレンジングをミルクやクリームタイプに変えてみてはいかがでしょうか。

“すぐに保湿して蓋をする”を心がけて!

お風呂上がりのケアは時間との戦いです。古賀さんによれば「できるだけ迅速に!お風呂上がりはすぐにブースター(導入美容液)か化粧水をつけるようにしましょう」とのこと。

ただ、お風呂上がりは顔だけではなく、身体も乾燥しがちです。「手早く使えるミスト化粧水もおすすめ」と古賀さん。

脱衣場に常備しておいて、お風呂上がりに全身に吹きかけてから出れば、乾燥しにくくなるかもしれません。

また、古賀さんは「夜のお手入れはクリームの使用も忘れずに」と言われていました。乳液はクリームよりも油分の配合量が少ないのだそう。乾燥が気になる方はクリームを使って、うるおいを逃さないようにしましょう。

セラミド配合のものを選んで

せっかくなら、成分にもこだわってみませんか?

「成分で選ぶなら、水分をはさみこむ性質を持つ“セラミド”配合のものを選んでください」と、古賀さん。セラミドは、細胞間のすき間を満たす“細胞間脂質”の主成分だそうで、不足すると乾燥肌の原因になるのだとか。

今使っているケア用品の成分を、一度チェックしてみることをオススメします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます