前作よりもっとワイルド! 『ゴーストライダー2』の特別映像公開

2012.12.20 20:14配信
『ゴーストライダー2』(C)2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

来年の2月8日(金)に公開されることが決定している二コラス・ケイジ最新主演作『ゴーストライダー2』のメイキングシーンやキャストへのインタビューをおさめた特別映像が公開された。

『ゴーストライダー2』特別映像

本作は、『スパイダーマン』や『トランスフォーマー』『アベンジャーズ』など映画版が大ヒットを記録しているマーベル・コミックの人気キャラクターで、地獄の炎に包まれたヘルバイクに乗り、悪と戦うダークヒーローの活躍を映画化した『ゴーストライダー』(07)の続編。父親を死から救うために悪魔と契約し、自らの中にゴーストライダーを宿してしまったジョニー・ブレイズ(ケイジ)が、悪魔に狙われた少年を助け、自らの呪いを解くために戦う姿を描く。

このほど公開された映像には、リアリティと緊迫感漂う映像を追求し、CGをなるべく使用しないという監督のこだわりから、スタントもアクションもすべてキャスト自らが挑んでいる撮影風景や、ケイジ、マーク・ネヴェルダイン監督、ブライアン・テイラー監督らのインタビューがおさめられている。また、ケイジ本人が自らデザインしたというドクロのようなメイクと目を真っ黒に見せるコンタクトレンズを装着し、スタントマンなしにゴーストライダーを演じている姿が映し出されている。

インタビューでケイジは、メイクコンセプトについて「テイラーとまずゴーストライダー像を明確にしていった。古代エジプトのファラオ王の絶対的で他人を寄せ付けないイメージに、動物的な雰囲気も取り入れたかった」と語っている。映画ではCG処理で炎に燃えるドクロになるのでニコラスの表情は全く見る事ができないにも関わらず、なぜそこまでこだわったのだろうか。理由は「共演者のリアクションを引き出すため。ゴーストライダーはいわば堕天使だ。人間とはかけ離れているため恐怖を与える存在でなければならない。僕自身と共演者のイマジネーションを膨らませストーリーにのめり込ませるために必要だった」。監督同様にリアリティを求めたケイジの気合いあふれる本作に期待したい。

『ゴーストライダー2』

文:塚野清香

いま人気の動画

     

人気記事ランキング